「東_」に関連 治天の君である院  道乗(東寺。僧正。地乗院). 児島宮祖 

東寺地乗院僧正 道乗
後鳥羽天皇─頼仁親王─道乗室上沢氏(中条家長、の女)の娘上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥 この道乗が上沢氏の娘を妻した。子に頼宴ー高徳
二条(二條)家(摂家)二条良実ー妻:(父:左少将 坊門基信)
1268-1334 兼基
1255-1296 経通
右少将 経忠
1237-1304 天台座主大僧正准三宮 道玄
1256-1309 准三宮 道瑜
法印権大僧都 尋源
天台座主大僧正 道潤
勧修寺法印権大僧都 良宝
東寺地乗院僧正 道乗
娘(太政大臣 徳大寺公孝室)

東寺百合文書
大納言三位行皇太后宮大夫源朝臣重信 惣行事紀 行事秦 端裏書:天元官符案 自真乗院出之 観応二・五・八 事書:紀伊 .... 資宣) 大納言僧都 寺務上乗院僧正道乗直任寺務頼仁親王御子 直任寺務頼仁親王 寺社名:東寺 影写本:「1-24」 23-24 ...

大日本史料第五編
天台【山】 青蓮院道覚入道親王 俗名朝仁 西山宮 後鳥羽院皇子 80代座主 道覚と浄土宗西山派との関係を示す論文に ○中西随功氏「道覚法親王 ... 代長吏 覚仁法親王 桜井宮 後鳥羽院皇子 ○真言 御室道深法親王 金剛定院御室 後高倉院皇子 上乗院良恵 九条兼実息 上乗院道乗 後鳥羽院皇子頼仁 ... 建長元→任権律師 康元元→権少僧都 文応元→権大僧都 文永3→法印 弘安5→東寺長者加任 弘安7→権僧正 弘安9僧正

摂家-二条家-公卿類別譜(公家の歴史)
二条道良。二条教良。二条師忠。二条兼基。二条道平┳良基┣師嗣┳道忠┳持基┳持通┳政嗣┳尚基━尹房┳晴良。 ... *2. ┳, 家宝(勧修寺). ┃, ┗, 良忠(母松殿基嗣女。延暦寺。法印). ┣, 道乗東寺僧正地乗院). ┗, 女子(徳大寺公孝室。実孝母)

延暦寺 - Wikipedia
延暦寺(えんりゃくじ、正字: 延曆寺)は、滋賀県大津市坂本本町にあり、標高848mの比叡山全域を境内とする寺院。比叡山、または叡山(えいざん)と ... 特に密教による加持祈祷は平安貴族の支持を集め、真言宗の東寺の密教(東密)に対して延暦寺の密教は「台密」と呼ばれ覇を競った。 ..... 家康の死後、天海僧正により江戸の鬼門鎮護の目的で上野に東叡山寛永寺が建立されると、天台宗の宗務の実権は江戸に移った。

道乗(2)(どうじょう)とは - コトバンク
デジタル版 日本人名大辞典+Plus - 道乗(2)の用語解説 - 1215-1274* 鎌倉時代の僧。建保(けんぽ)3年生まれ。頼仁(よりひと)親王の王子。真言宗。仁和(にんな)寺で出家,東寺の良慧(りょうえ)に師事し,灌頂(かんじょう)をうける。建長3年大僧正となり,東寺 ...

児島高徳作の太平記

巻第二十四

206 朝儀年中行事事

暦応改元の比より兵革且く静り、天下雖属無為京中の貴賎は尚窮困の愁に拘れり。其故は国衙・荘園も本所の知行ならず。正税官物も運送の煩有て、公家は逐日狼戻せしかば、朝儀悉廃絶して政道さながら土炭に堕にける。夫天子は必万機の政を行ひ、四海を治給ふ者也。其年中行事と申は、先正月には、平旦に天地四方拝・屠蘇白散・群臣の朝賀・小朝拝・七曜の御暦・腹赤の御贄・氷様・式兵二省内外官の補任帳を進る。立春の日は、主水司立春の水を献る。子日の若菜・卯日の御杖・視告朔の礼・中春両宮の御拝賀。五日東寺の国忌・叙位の議白。七日兵部省御弓の奏。同日白馬節会。八日大極殿の御斉会。同日真言院の御修法・太元の法・諸寺の修正・女叙位。十一日外官の除目。十四日殿上の内論議。十五日七種の御粥・宮内省の御薪。十六日蹈歌節会・秋冬の馬料・諸司の大粮・射礼・賭弓・年給の帳・神祇官の御麻。晦日には御巫御贖を奉る。院の尊勝陀羅尼。二月には上の丁日尺奠・上の申日春日祭。翌日卒川祭。上の卯日大原野祭・京官の除目・祈年の祭・三省考選の目録・列見の位禄・季の御読経・仁王会を被行。三月には三日御節供・御灯・曲水の宴。七日薬師寺の最勝会・石清水の臨時の祭・東大寺の花厳会授戒。同日鎮花祭あり。四月には朔日の告朔。同日掃部寮冬の御座を徹して夏の御座を供ず。主水司始て氷を献り、兵衛府御扇を進る。山科・平野・松尾・杜本・当麻・当宗・梅宮・大神の祭・広瀬立田の祭あり。五日は中務省妃・夫人・嬪。女御の夏の衣服の文を申す。同日准蔭の位記。七日は擬階の奏也。八日は潅仏。十日は女官、春夏の時の飾り物の文を奏す。内の弓場の埒。斉内親王の御禊。中の申日国祭。関白の賀茂詣。中の酉日賀茂の祭。男女の被馬。下の子日吉田宮祭。東大寺の授戒の使。駒牽神衣の三枝の祭あり。五月には、三日六衛府、菖蒲并花を献る。四日は走馬の結番、并毛色を奏す。五日端午の祭、薬玉御節供・競馬・日吉祭・最勝講を被行。六月には、内膳司忌火の御飯を供ず。中務省暦を奏す。造酒司の醴酒。神祇官の御体の御占。月次。神今食。道饗。鎮火の祭。神祇官の荒世の御贖を奏す。東西の文部、祓の刀を奏す。十五日祇薗の祭。晦日の節折、大祓。七月には、朔日の告朔。広瀬竜田の祭に可向。五位の定め。女官の補任帳。二日最勝寺の八講・七夕の乞巧奠。八日の文殊会。十四日盂蘭盆。十九日尊勝寺の八講。二十八日相撲節会。八月には、上の丁の尺奠。明る日内論議。四日北野祭。十一日官の定考・小定考。十五日八幡放生会。十六日駒引・仁王会・季御読経あり。九月には、九日重陽の宴。十一日伊勢の例幣・祈年・月次・神甞・新甞・大忌風神。十五日東寺の灌頂。鎮花・三枝・相甞・鎮魂・道饗の祭あり。十月には、掃部寮夏の御座を徹して、冬の御座を供ず。兵庫寮鼓吹の声を発し、刑部省年終断罪の文を進る。亥日三度の猪子。五日弓場始。十日興福寺の維摩会。競馬の負方の献物。大歌始あり。十一月には、朔日に内膳司忌火の御飯を供じ、中務省御暦を奏す。神祇官の御贖。斎院の御神楽。山科・平野・春日・森本・梅宮・大原野祭。新甞会。賀茂臨時祭あり。十二月には、自朔日同十八日まで内膳司忌火の御飯を供ず。御体の御占。陰陽寮来年の御忌を勘禄して、内侍に是を進る。荷前の使。御仏名。大寒の日、土牛の童子を立、晦日に宮内省御薬を奏す。大禊。御髪上。金吾四隊に列て、院々の焼灯不異白日。沈香火底に坐して吹笙と云ぬる追儺の節会は今夜也。委細に是を註さば、車に載とも不可尽。唯大綱を申許也。是等は皆代々の聖主賢君の受天奉地、静世治国枢機なれば、一度も不可断絶事なれ共、近年は依天下闘乱一事も不被行。されば仏法も神道も朝儀も節会もなき世と成けるこそ浅猿けれ。政道一事も無きに依て、天も禍を下す事を不知。斯れ共道を知者無れば、天下の罪を身に帰して、己を責る心の無りけるこそうたてけれ。されば疾疫飢饉、年々に有て、蒸民の苦みとぞ成にける。

後鳥羽天皇―頼仁親王―道乗大僧正―頼宴大僧正室児島氏―高徳

高野山真言宗 総本山金剛峯寺
高野山全体を金剛峯寺という寺院と見たとき、その境内地の核にあたる場所で、古来より大師入定の地である奥の院と並んで信仰の中心として大切にされてきました。
後鳥羽法王の御願により、京都の東寺長者の延杲(えんごう)が神泉苑にて祈雨の修法を行い、見事大願を成就しました。
七条院領・室町院領をはじめとして、東寺. 領圧園 ... 公証公験(四至傍示等立庄時の官省符)の文書、が、寄進者より東寺に施入されるので、これらの文書によって、その. 81 ..... 宜陽門院は仁和寺菩提院僧正行遍を通じて、弘法大師空海への帰依厚く、
福岡県朝倉郡む夜須奏言郡は天皇領とある、斎衛二年
治天の君である院の側で主に貴族の奏事を院に「伝奏」「申次」する院司である、と定義し、さらに院伝奏および関東申次 ..... 大和国宇智郡を祈祷料所として知行せしむ④応永三年六月六日付 金剛乗院俊尊宛 (『東寺百合文書』) .... 45同年七月十八日付 金剛乗院僧正御房 (『東寺百合文書』)
東寺長者・醍醐寺座主・金剛峯寺検校を歴任し、延長元年(923年)には権僧正に任じられた。
加地信実の女が頼仁 親王 の室となり道乗 僧正 が生まれす。










[PR]
# by kouhoka | 2017-05-06 10:50

道乗僧正の后は上沢女とある

後鳥羽天皇─頼仁親王─道乗上沢氏(中条家長、の女)の娘

上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥 この道乗上沢氏の娘を娶って六子を生んだ。
東寺長者道乗妻は上沢、中条家長である。
ところで東寺長者道乗は、藤原関白良実の子となっている。

宇都宮家臣帳や軍記物に見られる上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥、またはその地区の領主と思われる。上沢の地は、鬼怒川のすぐ北に位置し、両側を山に囲まれた地域である。上沢家 下野国

上乗院道乗 後鳥羽院皇子頼仁親王の子

二条良実
生没年:1216-1270
父:摂政関白 九条道家
1226 正五位下
1226 侍従
1227 右近衛少将
1227 右近衛中将
1228 従四位下
1228 播磨介
1229 正四位下
1229 従三位
1230 伊予権守
1230 正三位
1231 従二位
1231 権中納言
1231 正二位
1231-1232 春宮権大夫
1233 左近衛大将
1235 権大納言
1235-1236 内大臣
1235 従一位
1236-1238 右大臣
1238-1243 左大臣
1242-1246 関白
1242 藤原氏長者
1261-1265 関白
1265 内覧
1270 出家
妻:従一位 藤原灑子(父:権大納言 四条隆衡
1234-1259 九条道良
1234-1303 教良
妻:(父:従三位 坊門親仲)
1254-1341 師忠
妻:(父:左少将 坊門基信)
1268-1334 兼基
1255-1296 経通
右少将 経忠
1237-1304 天台座主大僧正准三宮 道玄
1256-1309 准三宮 道瑜
法印権大僧都 尋源
天台座主大僧正 道潤
勧修寺法印権大僧都 良宝
東寺地乗院僧正 道乗
娘(太政大臣 徳大寺公孝室)

後深草天皇の建長四年(一二五二)二月、長者道乗(どうじょう・1215-1274* 鎌倉時代の僧。建保(けんぽ)3年生まれ。頼仁(よりひと)親王の王子。真言宗。仁和(にんな)寺で出家,東寺の良慧(りょうえ)に師事し,灌頂(かんじょう)をうける。建長3年大僧正となり,




[PR]
# by kouhoka | 2017-04-26 13:16

頼任親王の子道乗は、児島盛綱の所領は従兄弟にあたる成尋の子家長(上沢氏)に伝わる

c0095642_19004816.jpg
道乗僧正の室となり6人の子を産んで五流を継いだ
頼宴僧正が継がれ、児島範長室(紀家広女子)石清水八幡家の女子

頼仁親王(1201-1264)は、鎌倉時代初期の後鳥羽天皇の皇子で1219年に征夷大将軍候補になりましたが、承久の乱の後に父の後鳥羽上皇らが隠岐に流されると親王もこれに連座し、備前・児島へ流され同地において死去したとされています。

https://www.youtube.com/watch?v=P7cY6gVjCBA&feature=player_embedded#t=46

道乗僧正の室は上沢氏である。
上沢氏は、
上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥

この道乗が上沢氏の娘を娶って六子を生み、
その第二子頼宴が和田備後守範長の娘を妻として生まれたのが児島高徳である。
宮家とは、皇室の○○宮ではなく、尊のあてな、をいう。

上沢家長『中原家長』となのった。家長が上沢、を、名乗ったのは?
中条氏は横山党成田氏の一族、藤原氏ともいわれます。
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=kojima&dd=22&re=635
中条 家長(なかじょう いえなが、長寛3年(1165年) - 嘉禎2年8月25日(1236年9月26 日))は、鎌倉時代の武将。義勝法橋盛尋(中条兼綱)の子。横山党小野氏の出身。従五 位下、出羽守。 八田知家の養子となり、道兼流藤原氏を名乗って苗字を中条と改名

藤原道兼の子孫である有力御家人八田知家の養子となる。武蔵国埼玉郡中条保を本拠として,中条氏を称した。右馬允,右衛門尉を経て,貞応2(1223)年従五位下出羽守に至る。治承・寿永の内乱では,源範頼に従い一の谷の戦(1184)に加わり,その後豊後国に転戦。文治5(1189)年奥州藤原氏の追討に参加。源頼朝以下藤原頼経まで歴代の将軍に近侍して,鎌倉幕府宿老として重きをなした。また評定衆創設(1225)以来その職に任ぜられ,幕政に参画した。

成綱の弟成尋は中条義勝房法橋を称し、甥の盛綱とともに武蔵国北埼玉郡中条保に住していたが、兄成綱とともに頼朝の旗揚げに加わり石橋山の合戦で奮戦した。
 成綱の死後、盛綱がその所領を相続し、兄義成のあとを受けて京都に駐在した。ところが承久三年(1221)五月、承久の乱が起ると盛綱は上皇方に属して幕府に討たれてしまった。その結果、盛綱の所領は従兄弟にあたる成尋の子家長に与えられた。家長は父の成尋とともに頼朝の旗揚げに参加してのち、源平合戦、奥州合戦などに出陣して多くの戦功をあげ、すでに幕府御家人として知られた人物であった。
 ところで、家長の叔母は宇都宮宗綱に嫁いで八田知家を生んだ女性で、頼朝の乳母の一人としても知られる近衛局であった。八田知家は成田成綱らと同様に、流人として伊豆で不遇をかこっていたころの頼朝に忠勤を励み頼朝から厚い信頼をえた。家長は父成尋が僧であったことから八田知家の猶子となり、本姓藤原氏を称して中条藤次家長を名乗った。

東寺長者道乗室、上沢家長、栃木県塩谷郡塩谷町大字上沢住

形跡は、家長の叔母は宇都宮宗綱に嫁いで八田知家を生んだ女性で、頼朝の乳母の一人としても知られる近衛局であった。八田知家は成田成綱らと同様に、流人として伊豆で不遇をかこっていたころの頼朝に忠勤を励み頼朝から厚い信頼をえた。家長は父成尋が僧であったことから八田知家の猶子となり、本姓藤原氏を称して中条藤次家長を名乗った。

盛綱死後に所領を賜って尾張守護・三河高橋庄地頭に補せられたのである。
文永十一年(1274)、三河高橋庄にある猿投神社に深見郷の内を寄進した文書が伝えられ、建長のころ(1250年代)、尾張守護であったといわれている。中条氏はのちに三河高橋庄と深い関係を結ぶが、そのはじめは頼平のころであったと推察される。
家長は出羽守に補任され、出羽地方にも中条氏の痕跡を残した。

小野氏系図(「続群書類従」巻第一六六)によれば、野三太夫成任の二男中條盛尋に三子 あり、嫡男を藤次出羽守家長、二男を苅田平右衛門尉義季、三男を左衛門尉実広とした。

小野氏系図に「中条藤次出羽守家長の弟 苅田平右衛門義季(和田義盛の子と為り、氏を平に改む)?

八田知家 (*)源ノ・(宇都宮・小田)・四郎・右衛門尉・筑後守・朝家。下野国の有力豪族、宇都宮氏の一門、宇都宮(八田)宗綱の息。兄に宇都宮朝綱。実父は源ノ義朝、母は宇都宮朝綱の娘で、外曽祖父の宗綱が養子として迎え養育したともいう。横山党・中条(出羽守)家長を娘婿とする。

嘉禄元年(1225)に評定衆が定められると、三浦義村らとともに評定衆に登用され、「御成敗式目(貞永式目)」制定時には評定衆十一人のひとりとして連署している。また、尾張国守護職に任じられ、守護職は南北朝時代のはじめまで中条氏が世襲した。ちなみに、中条は「なかじょう」ではなく「ちゅうじょう」と読む。

幕府に重きをなした家長は、嘉禎二年(1236)に七十二歳で死去した。
家長が上沢、を、名乗ったのは、
宇都宮家臣帳や軍記物に見られる上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥、またはその地区の領主 と思われる。

栃木県塩谷郡塩谷町大字上沢に居た、幕府の家長は上沢家長と名乗る。

上沢の地は、鬼怒川のすぐ北に位置し、両側を山に囲まれた地域である。

東寺長者道乗は父頼任親王、母を、加地信実の女で、祖父北条時政としていた。
東寺長者道乗の子、頼宴僧正は、備後の児島尊滝院、に居たとある。
ここに、頼宴僧正の母を、上沢家長としている。
後鳥羽上皇ー頼任親王ー東寺長者道乗ー頼宴僧正ー児島高徳が、宮家祖となる。

『上沢系図』
義勝法橋盛尋(中条兼綱)→中条藤次出羽守家長→

平安時代末期、藤原氏から出た常光(つねみつ)は中条の地に館を構えて中条氏を名乗り ました。常光の孫の家長は鎌倉幕府の評定衆(ひょうじょうしゅう)となり貞永式目( じょうえいしきもく)の制定に加わりました。

道兼流藤原氏を名乗って苗字を中条と改名

藤原道兼の子孫である有力御家人八田知家の養子となる。
武蔵七党のひとつ横山 党の小野義勝(法橋成尋)の子で,藤原道兼の子孫である有力御家人八田知家の養子となる 。


肥前上妻氏 経家の曾孫家宗に至って藤原家宗として史料のうえに あらわれてくる。『草野系図』
系図をみれば、家久の子に隆定・隆則・政則の三子があり、隆則の子に経家・則隆があっ て、則隆は菊池を号したとある。経家の曾孫家宗に至って藤原家宗とある。

建久六年(1195)正月大八日甲午。豊後守季光与中條右馬允家長起喧嘩。已欲及合戰之間。兩方縁者等馳集。仍遣和田左衛門尉義盛。被令和平。於家長者。仰前右衛門尉知家被止出仕。

已に合戰に及ばんと欲す之間、兩方の縁者等馳せ集る。仍て和田左衛門尉義盛を遣はし、和平令め被る。

家長にて於て者、前右衛門尉知家に仰せて出仕を止め被る。養子爲之故也。

家長は壯年之身爲に、知家が養子爲。威權に誇り無礼を現すに依て、季光相咎むと云々。

参考季光は、埼玉県入間郡毛呂山町、家長は、埼玉県熊谷市上中条。

藤原八田権守(はったごんのかみ)を称した。宇都宮宗綱、中原宗綱とも 呼ばれる。宗綱父である宗円。父は藤原宗円、母は益子正隆の女。宇都宮氏第二代当主。

宗円と宗綱は八田の政治基盤を背景に、真岡の芳賀氏を傘下に加えながら毛野川(鬼怒川・田川)沿いに宇都宮に入り、宇都宮氏の基盤を整えたとされる。応保2年(1162年)8月20日、77歳で没する。

児島宮とは何?

児島宮は、後鳥羽上皇の、母と室が同じ坊門家で、あった。

児島宮は、後鳥羽上皇の、室坊門局との間、に生まれた、本朝皇胤紹運録』に坊門局は兵衛尉信業(重)女とある。

第77代 後白河天皇

女御:建春門院・平滋子(平時信の女)

憲仁親王(高倉天皇)→ 後鳥羽上皇→ 頼仁(よりひと)親王児島宮


八条院坊門局の用語解説 - 藤原俊成の娘、定家の異母姉。母は藤原顕良の 娘。応保・長寛年間(1161~65)藤原成親と結婚、四子を産む。『明月記』には「三位公佐 等之母」とある。宮中の故実に明るく廉直な人柄であったという。

鎌倉時代の女官。

坊門信清の次女。後鳥羽(ごとば)上皇の後宮にはいり道助(どうじょ)入道親王,頼仁(よりひと)親王,嘉陽門院(かようもんいん)を生む。承久(じょうきゅう)の乱で後鳥羽上皇が隠岐(おき)(島根県)に流されたときしたがい,延応元年(1239)上皇の没後,京都にかえった。通称は別に西御方。

坊門局(2) ぼうもんのつぼね ?-?鎌倉時代の女官。坊門信清の次女。後鳥羽(ごとば)上皇の後宮ににはいり道助(どうじょ)入道親王,頼仁(よりひと)親王,嘉陽門院(かようもんいん)を生む。承久(じょうきゅう)の乱で後鳥羽上皇が隠岐(おき)(島根県)に流されたときしたがい,延応元年(1239)上皇の没後,京都にかえった。通称は別に西御方。

おん‐かた 【御方】



[名]「おおんかた」に同じ。

[代]二人称の人代名詞。貴人を敬っていう。あなたさま。

坊門 信清(ぼうもん のぶきよ、平治元年(1159年) - 建保4年3月14日(1216年4月2日))は、鎌倉時代の公卿。修理大夫・坊門信隆の子。同母姉に高倉天皇妃の藤原殖子(七条院)がおり、後鳥羽天皇の外叔父にあたる。官位は正二位・内大臣。坊門内府・太秦内府と呼ばれた。

坊門の局と白拍子亀菊ともに後鳥羽上皇の寵愛を受けながら不可思議な絆で結ばれ…上皇を支え共生する

1221(22才) 承久の乱、父・後鳥羽上皇隠岐に配流、母・坊門局、上皇に供奉する

嘉陽門院

1221(22才) 承久の乱、父・後鳥羽上皇隠岐に配流、母・坊門局、上皇に供奉する

礼子内親王..1200~1273

.<法名:真如性>

父:後鳥羽天皇

母:(内大臣 坊門信清の女・坊門局)

(異母兄)土御門天皇・(異母弟)順徳天皇

後鳥羽天皇の第二皇女。母は坊門信清の女・坊門局で、鎌倉3代将軍実朝正室の姉妹です。

. 5才で内親王となり、賀茂斎院に卜定。さらに准三后を宣下されました。13才の時、病により退下。以後、賀茂斎院は卜定されず、最後の斎院となりました。

. その後、15才で女院号を受けました。

道法法親王(どうほうほうしんのう)

生没年: 仁和寺

f:id:muoon:20050706162512j:image

頼仁親王(よりひとしんのう、建仁元年7月22日(1201年8月22日) - 文永元年5月23日( 1264年6月18日)は、鎌倉時代初期の皇族。後鳥羽天皇の皇子で、母は内大臣坊門信清の 娘西の御方。卿二位こと藤原兼子に養育される。号は冷泉宮。

頼仁親王は後鳥羽上皇の皇子であり承久三年(1223)承久の乱のためこの児島に配流 された。

児島高徳誕生の地の碑である。

高徳公は、当院の出身です。

後鳥羽天皇 皇子 頼仁親王墓

頼仁親王とは

実朝の嫁と後鳥羽上皇の嫁は実の姉妹であって、後鳥羽上皇と実朝は親戚関係にあった。

そこで、実朝が死んだ後、

四代将軍に後鳥羽上皇の三男の頼仁親王はどうかという話が出た。

この承久の乱により、幕府と京都との関係は変わった。

後鳥羽上皇は、隠岐に配流。

順徳上皇は佐渡。

土御門上皇は土佐。

後鳥羽上皇の長男は但馬。

そして三男頼仁親王は備前児島尊瀧院へ。

頼仁親王の実子、道乗大僧正を後継とされました。

道乗大僧正→頼宴大僧正→高徳(夏后宮家)→

「日本第一熊野神社 十二社権現」

御祭神:熊野牟須美神(伊弉冉大神)、泉津事解之男神、速玉之男神、伊奘諾大神、家津御美子大神 (素戔鳴尊)、天照大神、忍穂耳尊(正哉吾勝勝速日天忍穂耳命)、瓊瓊杵尊(天津日高日子火瓊瓊杵命)、彦火火出見尊(天津日高日子穂穂手見命)、鵜草葺不合尊(天津日高波限建鵜草葺不合命)、軻遇突智尊、波邇夜須毘賣神(埴山姫尊)、罔象女尊、稚産霊尊、八百萬神

太平記全四十巻の作者が小島法師と云われる児島高徳である。

「天勾践を空しうするなかれ」は(夏后宮家)の歌である。

第四皇子冷泉宮頼仁親王が 児島に配流されました 。

冷泉宮頼仁親王は1247(宝治元)年4月12日に 薨去され、桜井宮覚仁親王は1263(弘長3)年3月28日に薨去された。

、「五流尊滝院世系譜」によると、この道乗が上沢氏の娘を娶って六子を生み、 その第二子頼宴が和田備後守範長の娘を妻として生まれたのが児島高徳である。

中条氏は越後和田氏の嫡流である。祖は小野姓中条氏の系で、鎌倉御家人中条義勝(法橋成尋)の次男家長。中条藤次家長(中条家長)

中條藤右衛門尉家長。



五流尊龍院、頼仁親王御陵.

後鳥羽天皇─頼仁親王─道乗室上沢氏(中条家長、の女)の娘─頼宴母は(中条家長、の女)=

女系季定─季家─家長─定心─【和田】季房─家勝─家弘─範長室紀家弘女─女子=児島高徳

中条藤次家長(上沢氏)の娘1185年吾妻鏡記載。

中条義勝(法橋)・中条家長(藤次)

常光公の孫の中條出羽守藤次家長公は、16歳にて石橋山の合戦には既に頼朝公に扈従し ていて信任が厚く、関東武士では唯一人貞永式目制定に参画した。

常光は白根氏より女を娶り中条新五有家と同新六家資の二人の子が居り、有家の子に中条 藤次(出羽守)家長がいる。また、横山党説によれば成田成任の次子成尋の子に出羽守 家長(上沢氏)が居たという。

上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥女と東寺長者道乗妻

藤原北家。「二条家系図」

藤原北家摂関流。明峯寺関白・九条道家の次男良実を祖とする。

銅駄御殿とも呼ばれる。

歌道の家。

宇都宮家臣帳や軍記物に見られる上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥、

栃木県塩谷郡塩谷町大字上沢に居た、幕府の家長は上沢家長と名乗る。

上沢の地は、栃木県 鬼怒川のすぐ北に位置し、両側を山に囲まれた地域である。

佐貫(さぬき):上沢地区との境

上沢家長『中原家長』となのった。家長が上沢、を、名乗ったのは?

中条氏は横山党成田氏の一族、藤原氏のいわれます。

豊後守季光与中條右馬允家長起喧嘩。吾妻鏡入門第三巻

承久の乱が起ると盛綱は上皇方に属して幕府に討たれてしまった。その結果、盛綱の所領は従兄弟にあたる成尋の子家長に与えられた。

頼任親王の子道乗は、児島盛綱の所領は従兄弟にあたる成尋の子家長(上沢氏)に伝わり、

道乗が上沢の家長の女を妻にした。

これが、上沢の家長の女である。
この東寺長者道乗が、二条藤原良実の養子となり、藤原良実は関白家の元租也。後は鷹司家、が継いだ。
東寺長者道乗の胤、佐久間信盛の女子が、佐々に嫁ぎ、本能寺で没したので、弟に子供は、前田の斡旋により、り、預かりとなり、
藤原良実胤の鷹司信房と再婚し、孝子は徳川三代の正室となる。
この他、姉は狩野孝信の室となる。これは佐久間系図に載せている。

狩野孝信の男子安信が、佐久間信盛の、男子、信栄の男子助九郎長興、秋月祖、狩野孝信祖の、掛け軸を描いている。
この長興胤の黒田長清の女子が島津長溥を養子とし、その女子キン、が児島宮の儀平の室となった。祖祖母である。

児島宮には、黒田長政も、栗山大膳家臣を伴い、毎回訪れていたのは、大膳松の字名を今に残している。

日本の日の丸は、この児島宮から、島津長溥に託し、孝明天皇の元へ届けられてからという。
菊紋が、使用されないように、代紋として、日の丸が、始まったと聞く。
島津長溥公は、徳川慶喜将軍の検非違使、警護をしていた事が知られる。

信栄の男子助九郎長興の子は、浅草寺内の曹洞宗に、

長嗣系

佐久間信栄(正勝)の次男・長興(助九郎)の子孫を称するが、『寛政重修諸家譜』には信栄の子として長興なる人物は記録されていない[9]


[PR]
# by kouhoka | 2017-03-24 19:33

夜須のおひなさま

夜須のおひなさま特集

夜須のおひなさま、有職雛で 公家かざりとして、はじまったと、されています。二十年前から数回特別展示されていました。

c0095642_16432896.jpg

この有職雛は、児島宮、平山天皇の雛として貴重な、有職雛と、言えるでしょう。(ゆうそく)雛」です。貴族たちの約束事を作ったものが「有職故実(ゆうそくこじつ)」です。この雛は、児島宮の江戸初期の人で、信長頃には父佐久間信盛の長男、佐久間甚九郎不干斎(信栄)という人が、秀吉、徳川家康、秀忠、家光に、仕えた人です。家光の女千代姫が、尾張徳川家に、輿入れを、家光から、任されたのは、児島高徳の子孫である、によって、有職故実(ゆうそくこじつ)」の家、二条関白家、という事も、あるでしょう。この雛の有職雛が作られるようになったのは、江戸時代の中ごろから。
古式ゆかしい正式な公家の衣装そのままを、お人形に着せつけています。 特にこの雛は公家、天皇家の、鳳凰模様が、あしらわれて、いるので、高倉家の仕立て、と解ります。御所の有職の家柄である京都の山科家・高倉家によって宝暦・明和年間(1751~72年)に作られたと伝えられています。                                        

                                    

c0095642_17454428.jpg
c0095642_17422531.jpg
c0095642_17415467.jpg





c0095642_20543163.jpg



c0095642_20531488.jpg

c0095642_20523781.jpg

c0095642_20520572.jpg

c0095642_20511510.jpg

c0095642_20505659.jpg

c0095642_20493603.jpg

c0095642_20453797.jpg

c0095642_20420354.jpg


[PR]
# by kouhoka | 2017-02-16 20:58

日本では無諸孫繇君丑王は、ウガヤとなのり、祖父に因平山とした

ここで白馬尊王の白馬寺の中將立丑為越繇王,奉閩越先祭祀。

武帝は紀元前110年、大軍をもって閩越を江淮の内地へ遷すことを命じ、閩越は渡海し、北部九州一帯、朝倉郡夜須へ降臨し、日本の元祖...

日本では無諸孫繇君丑王は、ウガヤとなのり、祖父に因平山とした。
舒明天皇までも、平山氏である。,奉閩越先祭祀。
《山海經˙海外南經》有南山虫為蛇,蛇為魚的?法,故南山被認定即今之武夷山區。

越人避居武夷山區後,即與當地閩族融合,結為閩越族,建立方國,自立為王。
武夷山腔,被稱為鳥語
立未參與奸謀之無諸孫繇君丑為越繇王,奉閩越國祖先祭祀。ウガヤフキアエズ
http://tmkutm.blogspot.jp/2013/09/blog-post_2461.html

閩越國曾有越繇王丑  ウガヤフキアエズ

在屏山和武夷山等處大興土木,修建豪華宮殿

曾禁止閩越人祭祀祖先

白馬三郎即越繇王丑
http://epaper.fzen.com.cn/shtml/fzwb/20131013/92823.shtml 



 






[PR]
# by kouhoka | 2017-02-05 18:50

日本では無諸孫繇君丑王は、ウガヤとなのり、祖父に因平山とした

ここで白馬尊王の白馬寺の中將立丑為越繇王,奉閩越先祭祀。

武帝は紀元前110年、大軍をもって閩越を江淮の内地へ遷すことを命じ、閩越は渡海し、北部九州一帯、朝倉郡夜須へ降臨し、日本の元祖...

日本では無諸孫繇君丑王は、ウガヤとなのり、祖父に因平山とした。
舒明天皇までも、平山氏である。,奉閩越先祭祀。
《山海經˙海外南經》有南山虫為蛇,蛇為魚的?法,故南山被認定即今之武夷山區。

越人避居武夷山區後,即與當地閩族融合,結為閩越族,建立方國,自立為王。
武夷山腔,被稱為鳥語
立未參與奸謀之無諸孫繇君丑為越繇王,奉閩越國祖先祭祀。ウガヤフキアエズ
http://tmkutm.blogspot.jp/2013/09/blog-post_2461.html

閩越國曾有越繇王丑  ウガヤフキアエズ

在屏山和武夷山等處大興土木,修建豪華宮殿

曾禁止閩越人祭祀祖先

白馬三郎即越繇王丑
http://epaper.fzen.com.cn/shtml/fzwb/20131013/92823.shtml 



 






[PR]
# by kouhoka | 2017-02-05 18:50

コーフン!古墳のミステリー」、NHK元同志社大学教授(古代学)の辰巳和弘氏は

NHK「コーフン!古墳のミステリー」の辰巳和弘氏は、日本の古墳について、壷形になっていて、

これは、中国浙江省福建省古墳、天円地方と関係していると、解説されたが、

日本の考古学会では、誰一人として、日本人は、朝鮮半島から、移動、してきたのだと、

いう説を、学者等は、変えては、おりません。

ネットでも、不思議な事に、天円地方は、中国で、見かけるに、とどまっていて、

日本との関係は、まったくないと、している。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%86%86%E5%9C%B0%E6%96%B9

林羅山v.s.佐久間甚九郎 「宇宙論」。不干斎ハビアン 児島宮祖  某

児島宮考古学研究室 しか、立証していないのに、他の日本は中国から始まったとい説の立証発表は、立証には至って、いない。

このNHK大阪テレビ局「コーフン!古墳のミステリー」係に、、問いただしたところ、上司に、替わりますと、

変わられた人の名は、辰巳和弘さん、に変わられた。

そこで、日本の教育委員会文化財課並びに、歴博、、日本考古学教授、は日本へ中国から移動との立証関係は、まったくないと、

児島宮考古学に、間違いはありません、答えられているがと、なので、辰巳和弘氏は、立証できますかと?。

と、ここには、児島宮考古学研究室 以外には立証の、発表は、されていない。

それが、NHK大阪テレビ局「コーフン!古墳のミステリー」係に、、問いただした次第であった。

辰巳和弘氏は、日本の古墳について、壷形になっていて

前方後円墳の意味が、壷の形に似ている、これは、前方後円墳とは意味解釈が、相似していない。

それに、考古学朝鮮半島五世紀後半説の渡来、と、中国関係の立証は、橿原市博物館文化財課でも、

考古学朝鮮半島五世紀後半説に間違いはないと、児島宮考古学に答えられている。

橿原市博物館に在していられた、浙江省から、着任して、おられた教授は、帰国していられますので、

、日本と中国の、関係を、解説出来る職員は、おりませんと、答えられた。

吹田文化財課長も、同じ考古学朝鮮半島五世紀後半説に間違いはないと、児島宮考古学に答えられている。

天円地方と関係しているとしたのは、児島宮祖の1600年初の人

以降は、現在まで、記録さえ、見えません。

児島宮祖には、児島高徳も、

中国浙江省福建省の、天円地方と関係していると、解説している。

ここに日本の始まりが、立証出来て、います。

紀元前年号の初も、児島高徳相似で、立証できる。

http://zipangu.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/vs165_9a6e.html

今の日本で、日本渡来が立証できるのは、児島宮考古学他には、いないようです。

天皇が菊としているのは、中国では、立証されていません。

神々が菊紋が、全土に横行しているが、朝鮮天皇渡来の段階では、立証は出来ない。

天皇は菊紋では、なかった?

今の、ほとんどの神社に、十六葉、菊紋が、使われているが、明治以前は、

十六葉、菊紋は、使用しては、ならなかった。

何故禁止されていたのか、現代では、判らずに、なっているから、?

ここに虚構の、天皇が? 介在している事になる。

平安以前では、越式継承天皇と、剥奪した、皇帝なる天皇に、分別されている。

この二つの内、越式継承天皇系の神武天皇天皇と呼ぶ、

中国では漢の劉邦や晋王の王は、天皇では、無い王、に、分けられる。

今の明治天皇や、昭和、天皇?は、中国では漢の劉邦や晋王の王は、剥奪した、皇帝王類となる。

天智天皇は、平山舒明系なのに対し、天武は、天智から 剥奪した、皇帝王類となる。

平安末の後鳥羽院は平山系、越系で天皇である。

これ以降は、入れ替えの天皇と、王系が、存在している。

ここで天皇とは越王系が天皇で、越系以外が、王系である。


[PR]
# by kouhoka | 2017-01-25 17:36

児島高徳の女が脇屋義助に嫁し末裔、脇屋義里仕明智光秀

児島高徳の女が脇屋義助に嫁し末裔、寺尾、脇屋義里仕明智光秀

寺尾氏はもともと上州新田一族で、寺尾本地は上野国寺尾庄、以下子孫は甲斐高野城に居住した。寺尾豊前の代に武田信玄に属したが、信玄没後甲州を退転して、いかなる所縁か備前国に流れてきて、その後宇喜多直家の麾下に入ったらしい。沢田庄(現・岡山市沢田)に住し、名を寺尾越前と改めた。隠居後、寺尾越前は小西行長に仕え、宇土に居たこともあるようだが、その後備前へ帰ったという。とにかく、寺尾兄弟の曽祖父寺尾越前、祖父孫四郎の代には、宇喜多直家に仕えて、備前に居たのである。

義重義助子寺尾四郎.

二天流兵法二祖、寺尾孫之允信正ハ、(父ハ*)細川家ノ家臣タリトイヘ共、其身ハ一生仕官セズ、熊本ノ城下近邑ニ引籠リ、耕 ..... 宇喜田滅亡により、浪人したと思われるが、肥後の「寺尾家系」には、本多美濃守(忠政)に仕え領知五百石、物頭役、という ... なお、本多家中で寺尾家がその後どうなったか、不明だが、大和郡山時代の本多家分限帳(内記政勝公御家中分限帳)の中に、知行三百石の寺尾四郎右衛門なる名がみえる。

池田家  寺尾四郎大夫跡目僉議書

世良田政義の姉妹には、脇屋義助の男子とされる寺尾四郎義重の室となり、孫四郎の母となった女性がいるという。
南北朝時代の末期頃に活動した世良田大炊助政義の近親のなかには、ある系図に「寺倉氏の祖」と記される親季がおります。親季は通行する新田氏・松平氏関係の系図には、政義の子で、松平家祖の親氏の父祖とも泰親の父ともされますが、その系図では、世良田政義の兄弟に親季をあげて、「寺倉氏の祖」とされていました。

新田庄寺尾郷に起る「寺尾」氏の誤記の可能性も考えられます。
http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/keijiban/terakura1.htm
世良田政義の兄弟に親季をあげて、「寺倉氏の祖」とされていました。

坂田郡では、旧近江町寺倉の西隣の大字西円寺にある寺倉館は、今井氏の一族寺倉氏の屋敷とあげられ、旧米原町の三吉・寺倉には地頭山城があって、堀氏が築城して守備した鎌刃城(番場に所在)の支城であり、浅井長政の頃は今井氏が守備し、三吉の門根城は浅井家臣堀氏の屋敷だと記されます。

永正七年(1510)頃の浅井家臣に、坂田郡箕浦城を本拠とする今井肥前守がおり、その墓が西円寺にあるといわれます。寺倉にある禅寺・総寧寺(そうねいじ)は、亨禄年中に兵火にかかった後、新庄氏によって再建されました

これらに見える今井・寺倉・堀・新庄はみな同族で、藤原秀郷流と称されます。
[PR]
# by kouhoka | 2016-12-10 17:18

児島高徳の本草、高光のあと、(1446)佐久間孫五郎助安は愛知『龍興寺文書』

          
c0095642_09545331.jpg

室町時代中期の文明7年(1475年)、緒川城初代城主水野貞守によって水野家菩提寺として建立された。徳川家康の生母である伝通院が4代水野忠政の娘であり、同寺でも供養されている事から、江戸時代には尾張徳川家の庇護を受けた。
当山は、室町時代中期の文明7年(1475)に緒川城の守護を目的に初代城主 水野貞守公の寄進によって、川僧慧済が開山した。小川氏の末裔である水野貞守が文明7年(1475年)に緒川古城を築いた。 ... 町役場の西にある乾坤院は水野貞宗が建立した水野氏の菩提寺

乾坤院境内のお稲荷さんは、もと緒川城にまつられていたもの。徳川家康の母、於大は、緒川城で生まれこのお稲荷さんのもとで育ち、六歳の時刈谷城へ移り、そこから岡崎城主、松平広忠のもとへお嫁入りすることになった。

乾坤院所在地:愛知県知多郡東浦町大字緒川字沙弥田4. 2011/08/28.
平成28年3月4日 火災により本堂、座禅堂、堅雄堂を全焼いたしました。

文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』
小川乾坤院(知多郡東浦町)蔵の「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門家勝 尾州御貴所(御器所)」とみえる。

児島高徳の本草、高光のあと、(1446)佐久間孫五郎助安は愛知の、事
文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』
孫五郎助安と熱田の大宮司・千秋持季の関係
佐久間孫五郎助安は京都の公家、藤原二条家東寺長者道乗の後で、児島高徳の本草、高光のあとの人也。
西広瀬、東広瀬に、児島高徳の後が、見える、佐久間信晴、信盛、信栄、が見える。

脇屋義助13061342新田朝氏子里見忠義子?次郎左衛門兵庫刑部左馬弾正駿河国司越前守護武者所五番頭人

  義治義助子左馬式部左衛門尾張武者所頭人

  義則義治子又次郎相模

  義久義治子

  義陸義治子義隆

  鶴寿丸義陸子

  義高

  義冬義助子

  義重義助子寺尾四郎

  義里仕明智光秀



[PR]
# by kouhoka | 2016-11-23 09:20

鬼神之道を奉禹祭 越君之後

鬼神之道とは如何なるものや
於天皆助奉禹祭 越君之後,復夏王之祭。

大禹永眠会稽後、すなわち始めた守禹陵、奉禹祀の活動千年にわたって、以後、承は伝わるが絶えない。祭禹は歴史長いまた、多種の形式:や宗室族祭、または皇帝御祭、または遣を特祭、または春秋例祭。宋建隆元年(960)、宋の太祖なんか頒詔保護禹陵、始めは祭禹正式に列国常典。明清の朝の祭禹式と制度最も完備し、式も一番盛大。
その大禹 という神の封禅地は中国の越の地方にある会稽安邑と言うところである。
丑越王は、之により、九州筑紫の夜須と定めました。

古代の紹興祭禹の日は、通常、俗伝を大禹誕生旧暦三月五日
政府は人民を非常に重視する大禹陵廟の保護、よく資金調達の修繕。
「浙江省及び紹興市各界公祭禹陵大典」、空前の規模は、新中国の祭禹の始まり。

ゆう洪水英雄の歴史の中で最初に、彼は洪水をZhiping、九州を築いた、中華民族が土地を取り戻すために持っているので、彼は栄光次され、それが国民の共通の祖先である。
夏王朝の最初の王だったので、中国のです祖先を設立。
"春と秋Hueijiでゆう墓崇拝。」、ゆう智から回収 ゆう崇拝するだけでなく、複雑な、とゆうゆうの墓の隣には、寺を建てました。

それを主張する王の子孫がそう」、再Iゆうの墓の礼拝」
天皇は221 BC、秦Jianli統一多民族の封建的帝国を提供するプロ。

祭り:「礼記は、農村部の特別な犠牲」という:「ほとんどすべての日の、人々はほとんど祖先ので、神とこの地方のお祭りも、抗初めの新聞.. "当時資本毎年農村フェスティバルは、彼らが人々を養うため、李シュウ、そして天と地の神々との修飾が、ヒトの祖先と古代の君主である、山の天と地の神々を提供し、開催されました。
儀式まつり律法の書 "クラウド" Xiahou始皇帝もガン前駆センギョクと宗ゆうことを意味し、農村.......「可視秦王朝、農村の儀式の製品で最高の1を提供するよう皇帝ゆいます。
皇帝と八尾ゆうを崇拝する。

システムの帝国先祖の寺院の世代の模倣を历代帝王庙構築、その後、すべての資本アップ寺院の記念サービスに適した。
黄帝、颛顼、禹以唐高祖、太宗、高宗配食。于是郊祭之时祭禹与唐代皇帝祭祖同时进行。

ゆうは古代祭りの活動から、我々はまた、機能ゆう智の歴史の一部を見ることができます。

ゆうは古代祭りの活動から、我々はまた、機能ゆう智の歴史の一部を見ることができます。
自禹死葬会稽后,即开始了守禹陵、奉禹祀的活动。

禹以下六世孫少康,恐怕禹祭絕祠,乃封其庶子於越,號曰無餘。無餘春秋祭禹墓於會稽。無餘傳世三十五,至越王無壬,民眾「皆助奉祭禹,四時至貢」。由此可知,這時的民間祭祀已開始盛行。至四十四世越王句踐,「祭陵山於會稽」。

今の日本は粗末すぎる。

「平安時代の信仰と宗教儀礼」
祭に対しても「従,夜渡,東、奉幣、停,一禹神十列;加,一金銀御幣:」(「御堂関白記』)とある。
中国の古代のパレード:天から1346年のデモンストレーションを歓迎する。
歴史的な記録によると、最古のデートは戻って4,000人以上年前のパレードで夏王朝の成立の前夜に行われます。 当時、南部を開発するために、中国北部の華夏雨中の部族指導者は、河南省、今日のTu、部族指導者の嵩県と南部同盟の領土でした。

“禹祭”到“泥祭
中国的这类神话以“大禹治水”为最著名,最早产生于吴越,后传至中原;大禹被称作“地王”受到百姓的祭祀,俗称“禹祭”。

神话的中心点在越(会稽);越人奉禹为祖先。自越传 ... 种种迹象表明,“泥祭”脱胎于“禹祭”,“土母治水”源自“大禹治水”。

中国初の王朝の最初の王の後に私たちの国のために、古代の祭りゆいます。

それは国が先祖の寺院外を除いて再Siのゆうとゆう墓のそばだけではなく、始まり、寺ゆうを建て実証したと述べました。 「康Hueiji志"クラウド:"。神殿の建設が崇拝のゆうを実証した日本で始まった。
「呉越は、「相続人」

「我是無余君之苗末,我方修前君祭祀,復我禹墓之祀,為民請福於天,以通鬼神之道。」
[PR]
# by kouhoka | 2016-10-12 15:28

徳川家康面前で、狩野孝信に連れられ、子探幽、ネズミ絵御筆す

徳川家康面前で、狩野孝信に連れられ、子探幽、ネズミ絵御筆す。
慶長十二年(1607)十月六日狩野孝信の次男として京都に生まる。
狩野孝信室は、佐久間信盛女で、妹は佐々に嫁いでいる。
大和絵と、
日末化せられた漢画の形態に転換した、儒教的精神が取り入れられたのである。それは、母の宮家による、ものでも江戸文化の中心となっている。
これにより床の間は、漢画を儒教する、床の間となった。
この漢画は江戸幕府の終末となり、明治以降、明治画壇により、漢画掛軸の用途、日本間は、次第に、西洋風画風へと、なり、現在は消滅に近い。
江戸狩野は、日本文化の、開会でもあったことになる。
戦国時代には、無かった、床の間様式は、探幽母の宮家の、児島宮家、佐久間信盛父子によって桃山文化の開花した時期と、云えよう。
これは誰も知らなかった日本文化の開花でも、あった。
ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
現代は日本文化が、西洋に、取り入れられた、となっている、これが解らずに、先祖に対し、近代化は恥ずべき、事態では、ないだほろうか?
現代人は、神の恩恵がなくなったから、文化恩恵の、日本消滅さえ、解らないのだろう。
戻そう日本の文化は、日本の象徴でもあった、事を忘れてはならない。
日本を知らずに、日本人は無い。

ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
憲法政治と日本人とは、別である。政治は戦国戦争時代で日本とは、別である。
日本を大切にしない、国会は、価値が無い。

何にも知らない現代人は、日本の意味も知らない?
邪馬台も日本の意味も知らない?

憲法は何も一致して、いません?何故憲法なのか、解らない現代?
遺跡調査は、破壊になるだけ、それは、元に戻らないから?
耶麻台の意味知らずに、日本は語れない?
宮崎鹿児島でもない、天孫降臨。
天皇は、日本では無い、それは天皇が一致していないと、言うこと。

天皇は日本でないというのは?

狩野孝信室は、佐久間信盛女? がなければ、日本文化は、無くなっている。
書き換えられた、すべての論文は、不正解である。
邪馬台国すら、書き換えられた、すべての論文は、不正解である。

佐久間信盛?児島高徳の末裔。
養秀院殿狐寶を得給ふ事狩野孝信 元亀二(1571)年11月25日~元和四(1618)年8月30日 佐久間信盛女子養秀院を娶る。 ☆養秀院巻十 養秀院殿狐寶を得給ふ事 「雪窓夜話抄巻下」 因伯叢書 上野忠親の雪窓夜話抄 鳥取県絵師狩野孝信。
狩野孝信に嫁いだ宗序ムの女娘がいたとされる。
宗序ムとあるのは、佐久間信盛の宗の誤りである。
探幽の母は養秀院と言ふ。


天海と「三宅輪宝」信長始末記
名前:児島宮歴史倶楽部 日付:8月20日(日) 9時23分
門番の首を持っていたところ、北側から入ってきた三宅弥平次殿と伝令将校の二人がやってきて、「首は討ち捨てろ。」と言われましたので、堂の下に投げ入れました。
本堂の表から中に入ったところ、広間には誰もいなくて、蚊帳が吊ってあるだけでした。
寺の台所の方を探索したところ、白い着物を着た女を一人、捕らえましたが、侍は誰もいませんでした。
捕らえた女は「上様は白い着物を着ておられます。」と言ったのですが、その時は、その女が言った「上様」が「信長殿」とは分かりませんでした。この女は斉藤内蔵助殿のもとに連れて行きました。
旗本衆の二、三人が肩衣に袴の裾をたくし上げた姿で堂の奥に入って行き、そこで首を一つ取りました。
一人の男が、奥の間から、麻の単衣(寝間着)を着て、帯もしないで、刀を抜いて出てきたので、私は蚊帳の陰に入り、その者が通り過ぎるのを待って、背後から切って首を取りました。

佐々清蔵子息らは成政に預け ...

養秀院(狩野孝信室)佐久間信盛女嫁ぎ先実母不明。絵師狩野永徳の次男、狩野孝信(1571-1618)に嫁ぐ。狩野孝信は慶長十三年兄光信の死後、狩野派の中心として活躍した。現存する絵に「後陽成天皇像」、「賢聖障子」の一部などがある 。

佐久間信盛ゆかりの地 【御器所西城】10297002915.html
佐久間 信盛(さくま のぶもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。織田氏の家臣。佐久間氏の当主。通称は出羽介、右衛門尉。子に信栄・信実。従兄弟に佐久間盛次(佐久間盛政・佐久間安政・柴田勝政・佐久間勝之の父)がいる。

李房(相模国三浦郡和田邑ニ住み和田号ス)此レ母は和田義盛女。 鎌倉では ... 佐久間信盛は尾張国愛知郡御器所(「ごきそ」に名を残すが、佐久間は姻戚で、児島氏も先の女系である。

佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている。

佐久間信盛は三河、西広瀬城 児島高徳築城
西広瀬城
案内板によれば、「城主、天文年間以降、尾張織田信長の臣佐久間氏一族が居城した。」とあります。「愛知の山城ベスト50」では、「佐久間全孝、あるいは佐久間信盛兄の佐久間信直と伝えられる。佐久間全孝は、徳川家康の父松平広忠の暗殺を仕組んだ人物、広忠は、全孝が送り込んだ岩松弥八によって絶命した」とありました。

東広瀬城
案内板によれば、「1344年児島高徳が築城したといわれ、1560年(永禄3年)徳川家康に攻められ落城した。」とあります。
ベスト50では、「三宅氏の居城であった。児島高徳の築城とされるが、高徳を祖とする三宅氏が後に唱えたものと考えられる。永禄元年(1558年)に初陣の徳川家康に攻撃され、同6年(1563年)再び家康の攻撃を受けた。」とありました。
東広瀬城は明智秀満の祖父の城 天海の里

西広瀬城は、天文年間に織田氏が家臣佐久間氏に命じ、矢作川を挟んで対岸にある三宅氏の居城東広瀬城と対抗する ... 金谷城には佐久間信盛がそのまま居城し、1568年(永禄11年)には子息余語久三郎正勝(佐久間正勝不干斎})将として入城。
広瀬城(豊田市東広瀬町).

三宅高貞 (*)東広瀬・右衛門大夫。東広瀬城主。1533年阿部、鈴木、中条家と連合し松平清康と抗争。1554年佐久間家から西広瀬城を奪取。一門の三宅帯刀・高清を城主とする。
元・尾張守護の中条氏守護代の三宅氏。 尾張知多・三河に所領 .... 1533年佐久間全孝 西三河西広瀬城を奪取。
西三河で今川家の尖兵の将として清康は、
享禄2年(1529)一色家の東三河守護代の牧野家を討伐、今川派の家臣団を引き込み牧野家を分裂させ、本家の独立推進派の今橋城主・牧野伝蔵との合戦を制する。
南朝軍の児島氏の子孫で広瀬城主・三宅氏の動きを牽制する為、桜井松平氏と三宅氏は豊かな鉱山資源を背景に労働に見合った富貴を求めていた。
氏豊は、重臣として引き立てた佐久間重行(入道全孝)と、桜井松平と因縁のある松平清康に攻略を命じる。
天文2年(1533)桜井松平信定派の西三河広瀬城主・三宅佐久間信盛右衛門尉と、寺部城主・鈴木日向守を、松平清康は「今川家に対する不忠者」と名指しして攻撃する。
三宅を救わんと後詰の信定派連合の尾張品野軍8000余騎が迫るが入道全孝と、清康は是を撃退する。
三宅氏は南朝児島氏の子孫だが、西三河に土着し国境を接する美濃の土岐家と婚姻を重ね、土岐一族を後ろ盾とする侮れない勢力を持つ豪族だった。
当時、佐久間氏の惣領にあったのは、佐久間重行と呼ばれる傑物である。
佐久間九郎左衛門・重行、入道して「全孝」は那古屋城の主・今川氏豊よりも、23歳となった家老の織田弾正忠・信秀に武将として一目を置いていた。入道全孝の予想通り、信秀の器が証明されはじめていた。入道全孝は、都の貴族までもが信秀の資金を頼りにしていた。
天文2年(1533)美濃の土岐家の庶流で、可児郡土田村、尾張の萱津の豪商、土田政久の娘(土田御前)を室に迎えた。
翌年、その娘との間に、信秀の三男が生まれた。
信秀はこの男子を「吉法師」と名付けた。
林家は南北朝期に南朝方に忠節を尽くした河野一門の末裔で、元々は四国伊予の国人である。
河野氏の末裔が美濃に土着していた。戦国時代に「西美濃三人衆」と呼ばれた有力な三家のうちの稲葉家と同門であるのが尾張の林家である。林家は尾張の西春ばかりでなく、美濃にも所領があり
美濃の林家は斎藤道三の「槍奉行」を務める。
信秀の父・信定の代に、林佐渡守・通村の娘が信定の室となった。林新五郎・通勝(のち佐渡守・秀貞)に「秀」の一字を与えた。天文3年(1534)に誕生した息子・吉法師(のちに信長)の守役には、「武」に関しては林 秀貞兄弟を、「文」に関しては、信頼する側近のうち、平手政秀を付けて、その成長を見守る事とした。於大は清康の正室だった「於富」の娘でもあり大河内家に連なる血を持つ娘だった。信秀の意向による政略婚である。広忠16歳、於大14歳の若夫婦であった。
7歳の吉法師
下方左近・貞清は、織田の一門衆で、名誉ある赤母衣を背負う武辺者である。
佐々隼人正・成吉(政次)、佐々孫介・成経兄弟は、春日井郡の比良城を拠点とする豪族の出身である。天文12年(1543)3月、熱田社家の千秋氏、加藤氏、その他尾張の歴々の前で相撲が奉納された。信秀の万松寺の葬儀には、末盛譜代家老の筆頭として勘十郎(信行)に伴し、続いて、佐久間入道全孝の一族の生き残り佐久間大学・盛重、その弟、佐久間次右衛門(のち久右衛門・盛次)、長谷川、山田が従った。勝家の妹婿に盛重の弟・佐久間盛次があり、その息子に猛将・佐久間盛政が誕生する。実家に送り返された「於大」は、兄・水野信元の命で、信秀派の武将・久松俊勝と再婚する事となる。水野忠政が討たれ、元・清康夫人「於富」は32歳となっていたがまだまだ美しさは衰えず、「於富」を捕らえた河口宗吉により側室とされていた。この抗争の中で河口宗吉は今川方に降伏、離別された「於富」は富永氏を頼り、その美貌ゆえに一族の星野備中守・秋国の側室となるが、彼も織田家との戦陣に没する。広忠の室「於大」の母、大河内家の血をひく「於富」の、人質としての価値を今川家は重要視していたのだった。
信長16歳、「帰蝶」は15歳だった。母は美濃恵那郡明智城主の明智駿河守・光継の娘で、十兵衛・光秀の父・明智光綱の妹である。帰蝶と明智光秀は従兄弟同士の間柄だった。
三宅康秀 (?~?) 「明智系図」に名がある。明智光隆の子。光秀の弟。彦三郎、三宅弥平次、左馬助。三宅長閑の婿養子となり、三宅弥平次に名を改める。
嫡男・光綱は光継に先立って亡くなっており、嫡孫・明智光秀の養育を三男・明智光安に命じた。
秀満は母方である三河の三宅姓を名乗っていると永井氏は書いているから、それならば児島高徳の子孫ということを意味する。明智左馬助とはもちろん明智秀満、三宅弥平次のこと。明智秀満は児島高徳の子孫。西、東広瀬は後鳥羽嫡孫、児島高徳の城であった。

土岐氏の支流明智氏に生まれ、父は明智光綱といわれる。













上沢家長(中条(出羽守)家長)女と東寺長者道乗妻

「佐久間系譜」
佐久間家は、三浦義明の三男である義春の四男・家村が安房国狭隈郷(現千葉県鋸南町下 佐久間〜上佐久間)で称したのが始まり。
その養子である朝盛(和田義盛の孫)は鎌倉幕府に仕えていたが、和田義盛の乱に敗れ、越後国奥山荘(現新潟県胎内市)に逃れた。その子家盛が承久の乱の功績により上総国夷隅郡(千葉県勝浦市、御宿町)と尾張国愛知郡御器所(「ごきそ」現名古屋市昭和区御器所)を恩賞として賜りそこに子孫が定住した。
御器所の三河高橋庄にある猿投神社は、

山崎御器所の支配権を得た佐久間信盛 .佐久間信盛の伊勢神宮への返礼の書状は有名 です。

児島宮では女系のようだ。
佐久間家村ー佐久間朝盛和田朝盛ー二条為明ー宗朝多功宗朝ー本草甚九郎満盛ー孫五郎助安ー朝次弥平次ー信晴ー信盛ー正勝不干斎

嘉吉年間(1441〜1444)、佐久間氏中興の祖と言われる佐久間美作守家勝
御器所八所大明神修理棟札に、 佐久間美作守家勝・佐久間右衛門尉信盛の名が見える。
三貫」と佐久間氏の先祖が見える。
朝盛は三浦義明の一族で和田常盛の子であるが、佐久間家村の嫡嗣子となった人であると伝わる。

文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』
小川乾坤院(知多郡東浦町)蔵の「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」とみえる。

佐久間正勝長久手の戦いの時に蟹江城を守っていたが、家老の祖父前田種利の、裏切りと滝川一益に留守中に城を奪われるという失態を演じてしまう。

史料. 『中条家文書』; 『越後文書宝翰集 三浦和田氏文書』; 『上杉家御 年譜』. 『奥山庄城館遺跡』
[PR]
# by kouhoka | 2016-09-03 08:48

日本は神の国と言われたが、一致していないので、神の国とは言わない

日本は神の国と言われたが、一致していないので、神の国とは言わない。
扶桑筑紫は、一致している。
福建省の会稽安邑と筑紫の夜須は一致する。
すごろくの、一致するような扶桑。
文字と絵が合う日本のかるた。
[PR]
# by kouhoka | 2016-08-17 21:15 | 日本はすべて一致

天皇とは、を知らない現代人がほとんど、民がきめるとは 

日本で雲巻き模様平山天皇が三か所揃った  2016/7/17




日本で雲巻き模様平山天皇が三か所揃った、同時に岡山の吉備津宮が、平山天皇により創建されていた事が判った


日本で雲巻き模様平山天皇が揃った、同時に岡山の吉備津宮が、平山天皇により創建されていた事が判った。
桃太郎神話はやはり、菜根探(さいこんたん)から作られていた。

又、重要な、日本のてんのお、と神社の証拠が見つかった、備中国吉備津宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿と一致していた事を児島宮歴研会が見つけた。


これで雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった事が、判明し、日本の歴史の錯誤が、改められよう。
ウガヤに始まる、日本の神と天皇、神武の出生地の不明だった、起こりに衝撃が走った。
北部九州は、日本の起こりになっていた事は、日本の歴史に、大きな発見となった。


日本の神と天皇と神社は平山てんのお、の、標識であった事が、判明した。
次々に発見を続ける児島宮歴研会は、日本の考古学協会や、宮内庁並びに、全国教育委員会文化財に、日本の歴史の錯誤が、改められよう。
日本とは、が、始めから、やり直しが、求められよう、証拠も無かった、まちがっていた?日本の考古学協会や、宮内庁並びに、全国教育委員会文化財に、日本の歴史の錯誤が、改められよう。

今回は、岡山の吉備宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿のと一致、雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった、ここに、岡山の吉備宮は「平山てんのお」によって、吉備宮は、始まっていた事は確実となった。



桃太郎神話や日本の神話にも、「平山てんのお」によって、始まっていた、事が相似していた。
日本の神々は、この、「平山てんのお」以外には、なかったであう。

さて、この雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識とあるのは、
貝原益軒の書軸を知らなければ、解く事はできません。貝原益軒の書軸の内容が、日本人にとっては、日本らしさに、なっているからです。
http://www2.ezbbs.net/22/kojima/
この句は、菜根譚(天地有万古)である。

天地有万古、此身不再得。
人生只百年、此日最易過。
幸生其間者、不可不知有生之楽、
亦不可不懐虚生之憂。

天地は永遠のものであるが、この身を再び得ることはない。
人生はせいぜい百年で、月日はどんどん過ぎてゆく。
幸いに、この世に生まれた者は、生きている楽しみを知り、
無駄に過ごすことの無いように心得ていなければならない。

菜根譚(さいこんたん)の一句、天地は万古の箱書きの標示に、貝原益軒出身の備中国吉備津宮を創建したのは、なんと、平山天皇?だった、平山天皇?の発祥地は、二年前に、児島宮考古学研究室が解明した。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、菜根譚(さいこんたん)を解明する事が出来た。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、http://news.changlenet.com/story/76000/ 貝原益軒出身の備中国吉備津宮と一致していた事が判った。
貝原益軒出身の備中国吉備津宮は知るべき人だけが知り得た項目であった。箱書きの標示雲巻き模様の事。

大きな手掛かりになった時。
2012年11月8-11日に工事が開始中国福建省屏山平山のビン越の治城が、発見され、そのビン越の治城の軒丸瓦当て、が最古とされていて、日本に伝達された経過が解明に至った、のは児島宮おいて外には出来なかったのは言うまでもない。
菜根譚の作者であるが、日本では、ありません、それは箱書きの標示雲巻き模様に、あるように、この標示雲巻き模様は、 に行き着きます。

ここに、岡山の国生みは、朝鮮半島には、関係していなかった事は確実となった。

三十年程前に、日本の天皇について、ウガヤ尊、や神武天皇、舒明天皇は、「かばね」が平山姓と、していたのが、中国福建省屏山の地鉄工事の時、平山駅から、ビン越王の治城が、発見されてから、いち早く、児島宮歴研会によって、解明された。
それは、児島宮の先祖は、華夏の越王の後裔のウガヤ尊、や神武天皇、舒明天皇や後鳥羽上皇の直系により、河姆渡遺跡の発見、に、つながって、いるのは、此れ無くしては、今解明は不可能となって、いたであろう。

天皇とは、を知らない現代人がほとんど、神社とは現代人は、考え違いがはなはだしい。
本当の天皇は創生者でもある、天皇はすべてをつかさどっている、
だから天皇という。
だから、ほんとうの天皇は、日本の、創生者でもある。
知っているから出来る、知らないと、創生は出来ない。
今の神社は何も創生とは、関係が見えません?無論出来ないのです?何創生していないで、神社を無断に建てていますね。
神社はてんのうにむ
よって創生、されたものであった。
神社には、なにがしかの、創生が秘められている。
それは、てんのうしか、創生は出来ないのです。
神社を無断に建てていますね、てんのうでもないのに?
太平記の作者は、児島高徳といい、天皇の末裔だから、中国の、越王勾践の事を、自分と、照らし合わせて、いたのです。
ここに上げたように、太平記の作者は創生主でもあるのです。
日本の古代天皇は創生主だからこそ、創生していたと言えましょう。
戦国時代が終わり、相撲、歌舞伎、甚句、和歌、昔々物語、茶、を創生したという、佐久間信盛も天皇又は創生主でもあったのです。それは、てんのうを、知っていたからこそ、創生出来たのです。

日本の農業は、てんのう、に、よって、創生されていたのです。
出土品が、天皇に無関係とは、言えないのです。

今の天皇は、創生してはいないでしょう、皇居とて、瓦が使われているので、天皇の創生に、携わって、いた人者だからこそ、教わって、建てられたのです。それは丸軒瓦あて、は、てんのう、と言われています。

織田信長も秀吉も、関白に、のぼり上がりましたけど、関白にあたい、できなかったのです。
名前ばかりの天皇は、てんのうとは、言えないのです。
信長を、させたのは、創生主が、傍に、いたから、そのように見えただけなのです。
[PR]
# by kouhoka | 2016-07-17 07:23

貝原益軒出身の備中国吉備津宮を創建したのは、なんと、平山天皇?だった

貝原益軒出身の備中国吉備津宮の創建したのは、なんと、平山天皇?だった。
ここに天皇の、始まりは、日本よりも、前の、中国福建省屏山平山にある事が二年前地鉄工事で、ビン越の治城の軒丸瓦の模様から、日本の瓦の原形が遂に解明した。
この、治城の先を辿ると、呉越の越王勾践その先は、河姆渡遺跡の夏王朝となっていた。
中国福建省屏山平山県平山は、なんと、日本の天皇の平山天皇、発祥地である事を、解明したのは、児島宮である。

児島宮の名前と言えば、後鳥羽上皇の息の頼任親王が、承久の変で、備後の児島へ、流されたのが、児島宮の始まりである。
児島高徳といえば、大覚寺の大僧正を兼任中、「太平記」を、作本した事で、知られている。
この、「太平記」の中には、天皇の先祖を書き残していると、児島宮歴研会が、河姆渡遺跡発見前、二十数年前の事。
この頃は中国さえ神話としか、判っては,ゐなかったと、している。

これで日本の「てんのお」、が一目で、判明し、朝鮮半島渡来説は、白紙となった。

後鳥羽上皇の先祖あたる、天智天皇の父が、舒明天皇、で、かばねは、平山、てんのう、とある。
ウガヤ尊は平山御陵とされていて、福岡県朝倉夜須に、墳墓があり、この平山御陵の中から、王冠が発見され、所有者に、児島宮歴研会が承諾を、取り付け、福岡の梓書院から、「豊葦原国から邪馬台国夜須へ」で出版発行、公開していた。ので、ご覧頂きたい。
この頃は日本の考古学では、須恵器朝鮮半島渡来説に終始していて、今でも解明には至っては、いなかった。
岡山の吉備津宮でさえ、創生は解明されては、いなかった。ここで、今、吉備津宮の創建したのは、平山天皇事、孝元てんのう、ではあるまいか?
神話と言えば、平山天皇に、あたらせられよう。


      


児島宮の先人、佐久間信栄事、ハビアンも、秀吉の朝鮮征伐頃、同行し、天草で、イソップ物語を、出版した事は、児島宮歴研会がインターネットサイトで、公開しので、今では、その数多し。
[PR]
# by kouhoka | 2016-06-22 18:18

ウガヤは何故平山大神とされたのか、立証していた天皇と夜須

須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来の大嘘
須恵器(すえき)というのは、昭和になり、つけられた呼び名で確証はされていない。
これが日本の歴史を誤らせた原因となっています。
須恵器と称しては、いけなかった?
このままでは立証するには困難になるからです

児島宮考古学研究室から提唱するのは?
土器か磁器かという事から、分けて始めなければ、ならないでしょう。
この土器の事が須恵器(すえき)と、呼ばれるだろうかです?
日本ではこれらに属した呼び名があり、陶器と、呼んでいますね。
この土器の事が須恵器(すえき)陶器とと、呼ばれるだろうかです?
そこからか間違いに、なっているのです。
陶器は軟質である為、低温で、焼成していますね?
京焼は、須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来していたと、考えてしまっては、いませんか?
其処が違っています?
これが古代の古墳の中に、見つかっていましたか?
そんな事はあり得ない!
此処からは、
須恵器の本当の呼び名について、
児島宮考古学研究室では、名前について?瓦質磁器が、古代中国の福建省の江南地方から、筑紫夜須へ、移ってきたのが、灰色硬質磁器であった、ここでは須恵器なんて、朝鮮半島では、なかった、と言えるのが児島宮考古学研究室於いて外には、いないでしょう。
灰色硬質磁器の原形が、この瓦質磁器に因んでいたのです。瓦質磁器なくしては、灰色硬質磁器は存在していなかったでしょう。
まだ瓦質磁器なくしては、灰色硬質磁器には確証となるとが、あるが、まだ先の事です。
瓦質磁器開始が、五世紀ではありません、
児島宮考古学研究室の調査では、
古代中国の春明戦国時代に、越人の墳丘墓の中から、見つかって、いた事を確証しています。
これか、日本の墳丘墓や古墳に、埋葬が行われるようになっていました。
これか須恵器?の、いいえ、違う、
瓦質磁器の確証なのです。
須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来説の意味とは、違うのが、これだ!!
灰色硬質磁器の原形が、この瓦質磁器に因んでいたのです
瓦質磁器とは、
朝鮮南部での瓦質土器の出現は紀元前1世紀、関連していた、時期は後漢の漢の武帝が、福建省武夷宮を、攻めて、其処の国の住民十万人が、居なくなったと、記録していた。
それから、後の隋の時代に、日本は小野妹子や万葉集の時期に隋の使役が筑紫の夜須に来て、この土地は、華夏人の土地と記録したのが、確証出来る。
後の隋の時代に、紀元前より瓦質磁器が、古代中国の福建省の江南地方から、筑紫夜須へ、移ってきた事が明らかになった。
これなくしては日本の歴史は語れない。
日本の開始は、てんのお、と、平山とウガヤに見えた
瓦質磁器だけではなく、てんのお、と、平山とウガヤに見えた吾輩。
http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/545

日本の歴史は朝鮮では無い。
朝鮮では無く、筑紫の東の大木であった。祝詞は確証していた。
神詰まりますと、立証している。
天皇と平山は同音也。
その立証が、福建省屏山の平山県に、呉越の戦いで呉の王を下して覇者となった、越王勾践の裔が、劉邦を助けて、この平山県に治城を無渚が建てた、
その後、この治城に、てんのお、とする瓦質磁器が発見され、児島宮考古学研究室が、日本の天皇との一致を、解明した。
平山県と無渚は、てんのう、である事を確証した。
又てんのう、は日本でも神に有らせられると昔より言い伝えが、あるのが解明した。
それだけではなく漢字は日本と一致している。
今の北朝鮮と韓国には、漢字は使われてはいない。

ここにも北朝鮮と韓国は日本の歴史と食い違っている。
ウガヤは何故平山大神とされたのか、立証していた天皇と夜須
天皇と夜須には越王勾践の裔でなければ、てんのおでは、なかった?
ウガヤは何故平山大神とされたのか、?天孫と同音?
天孫降臨と筑紫の夜須とは?
ここに越王勾践の裔の、てんのお、が一致が見られる。
また平山と天皇の同音?は北朝鮮と韓国ではない。
今の天皇はテンノオ、ではなかった。
名前だけの天皇は存在していません
天皇は権力者の事ではありません。
てんのう、は日本でも神に有らせられると昔より言い伝えが、あるのが解明した。
今の天皇は名前だけの事でしか、ななかった?なので天皇ではなかった。
天皇は朝鮮半島から伝来の大嘘

天皇は朝鮮半島には記録されていない?
日本だけの、てんのうは、八尾也。
八尾とは平山也、武夷の白馬三郎

武夷の白馬三郎とは?白馬寺と中国初の寺と三角縁神獣鏡。夜須のヒルハタ遺跡で鏡の鋳型が出土していた。

c0095642_1424355.png



天孫降臨地では鏡の鋳型は夜須しか出土していない。
白馬尊王,又稱白馬三郎,為中國福建的?土神祇,尤以福州人最為崇信。白馬尊王,為三位神祇之名,即「異神同名」
前135年),閩越國?史上的一位國王,無諸之子,騶氏。無諸死後,郢與其餘子孫爭鬥並奪下王位。
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A2_(%E9%96%A9%E8%B6%8A%E5%9C%8B%E7%8E%8B)
八尾王として列聖されました。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=https://zh.wikipedia.org/wiki/%25E9%2583%25A2_(%25E9%2596%25A9%25E8%25B6%258A%25E5%259C%258B%25E7%258E%258B)&prev=search
閩越の国都は武夷山脈のなかにあった) 北への ... 王の三男であった彼のことを、いつともなく閩越の民は「白馬三郎」と呼びならわした。 ... 白馬三郎」は神格化され、百越の末裔たちの守護神となる。
全名騶無諸,第七世閩越王
為越王勾踐的後代[a],於戰國末期至西漢初期在位,使一度亡國的閩越再度中興?壯,並成為漢朝立國之初第一位百越族的異姓諸侯王。由於無諸是福建?史上第一位有文獻記載的君主統治者,並且是帶領閩越族登上?史舞台的卓越人物,因此被後世的福建族群頌揚並尊奉為開閩始祖[2]。
先後以臣屬於秦、漢二朝來換取閩越國的延續與發展。有鑒於中原文化與科技的興盛,無諸積極引進華夏文化,並與閩越族原本在地的百越文化做融合,發展出獨特且輝煌一時的閩越文化。在科技方面也引入中原先進的冶鐵技術,使閩越國在農業生?、百姓生活與軍事武裝上都有進一?的發展。
無諸生於戰國?期的武夷山一帶,是閩越王室成員,後來繼位統治閩越國。公元前221年,秦始皇消滅六國統一中原。次年,展開入侵百越的軍事行動,閩越國亦在此次征服行動中遭到消滅。然而,閩越距離中原太過遙遠以致難以實質統治,因此秦始皇僅將無諸廢為君長,並降閩越國為閩中郡,由無諸繼續統治。
公元前209年,陳勝、?廣於大澤??竿起義後,原六國的貴族再度武裝反抗秦朝,無諸與另一位君長騶搖率領閩越人跟從鄱陽令?芮北上幫助中原諸侯消滅秦朝。秦朝滅亡後,楚王項羽並沒有冊封無諸和搖為王,因此無諸與搖皆未臣屬於項羽。後來,無諸、搖率領閩越人輔佐漢王劉邦打敗項羽。公元前202年,登上皇位的劉邦重新冊立無諸為閩越王,統治閩越故土,都城設在東冶,並開始在武夷山城村建造當時越地最雄偉的閩越王城。
公元前192年,無諸逝世,閩越國陷入?亂,無諸諸子為了王位進行長期的爭奪。關於無諸墓葬,有一?是在福州城隍山西面的小山丘,俗呼王墓山。另一?,無諸墓在南台(今台江區)嘉崇里(即大廟山)閩越祖廟後。

?閩越王 騶郢
?東越王 騶餘善


?越繇王 騶(すう)丑
?白馬王 騶三郎
a.^ 史記?東越列傳:「閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王勾踐之後也,姓騶氏。」
b.^ 《《史記?東越列傳》》:「閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王勾踐之後也,姓騶氏。秦已併天下,皆廢為君長,以其地為閩中郡。及諸侯畔秦,無諸、搖率越歸鄱陽令?芮,所謂鄱君者也,從諸侯滅秦。當是之時,項籍主命,弗王,以故不附楚。漢擊項籍,無諸、
http://nihonnolakisi.1616bbs.com/bbs/thread_1.html
史記/卷114
閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王句踐之後也,姓騶氏。秦已并天下,皆廢為君長,以其地為閩中郡。及諸侯畔秦,無諸、搖率越歸鄱陽令?芮,所謂鄱君者也,從諸侯滅秦。當是之時,項籍主命,弗王,以故不附楚。漢擊項籍,無諸、搖率越人佐漢。漢五年,復立無諸為閩越王,王閩中故地,都東冶。孝惠三年,舉高帝時越功,曰閩君搖功多,其民便附,乃立搖為東海王,都東甌,世俗號為東甌王。

後數世,至孝景三年,?王濞反,欲從閩越,閩越未肯行,獨東甌從?。及?破,東甌受漢購,殺?王丹徒,以故皆得不誅,歸國。

?王子子駒亡走閩越,怨東甌殺其父,常勸閩越擊東甌。至建元三年,閩越發兵圍東甌。東甌食盡,困,且降,乃使人告急天子。天子問太尉田蚡,蚡對曰:「越人相攻擊,固其常,又數反覆,不足以煩中國往救也。自秦時棄弗屬。」於是中大夫莊助詰蚡曰:「特患力弗能救,德弗能覆;誠能,何故棄之?且秦舉咸陽而棄之,何乃越也!今小國以窮困來告急天子,天子弗振,彼當安所告愬?又何以子萬國乎?」上曰:「太尉未足與計。吾初即位,不欲出虎符發兵郡國。」乃遣莊助以節發兵會稽。會稽太守欲距不為發兵,助乃斬一司馬,諭意指,遂發兵浮海救東甌。未至,閩越引兵而去。東甌請舉國徙中國,乃悉舉眾來,處江淮之閒。

至建元六年,閩越擊南越。南越守天子約,不敢擅發兵擊而以聞。上遣大行王恢出豫章,大農韓安國出會稽,皆為將軍。兵未踰嶺,閩越王郢發兵距險。其弟餘善乃與相、宗族謀曰:「王以擅發兵擊南越,不請,故天子兵來誅。今漢兵眾彊,今即幸勝之,后來益多,終滅國而止。今殺王以謝天子。天子聽,罷兵,固一國完;不聽,乃力戰;不勝,即亡入海。」皆曰「善」。即鏦殺王,使使奉其頭致大行。大行曰:「所為來者誅王。今王頭至,謝罪,不戰而耘,利莫大焉。」乃以便宜案兵告大農軍,而使使奉王頭馳報天子。詔罷兩將兵,曰:「郢等首惡,獨無諸孫繇君丑不與謀焉。」乃使郎中將立丑為越繇王,奉閩越先祭祀。

餘善已殺郢,威行於國,國民多屬,竊自立為王。繇王不能矯其眾持正。天子聞之,為餘善不足復興師,曰:「餘善數與郢謀亂,而後首誅郢,師得不勞。」因立餘善為東越王,與繇王并處。

至元鼎五年,南越反,東越王餘善上書,請以卒八千人從樓船將軍擊呂嘉等。兵至?揚,以海風波為解,不行,持兩端,陰使南越。及漢破番禺,不至。是時樓船將軍楊仆使使上書,願便引兵擊東越。上曰士卒勞倦,不許,罷兵,令諸校屯豫章梅領待命。

元鼎六年秋,餘善聞樓船請誅之,漢兵臨境,且往,乃遂反,發兵距漢道。號將軍騶力等為「?漢將軍」,入白沙、武林、梅嶺,殺漢三校尉。是時漢使大農張成、故山州侯齒將屯,弗敢擊,卻就便處,皆坐畏懦誅。

餘善刻「武帝」璽自立,詐其民,為妄言。天子遣橫海將軍韓?出句章,浮海從東方往;樓船將軍楊仆出武林;中尉王?舒出梅嶺;越侯為戈船、下瀨將軍,出若邪、白沙。元封元年冬,咸入東越。東越素發兵距險,使徇北將軍守武林,敗樓船軍數校尉,殺長吏。樓船將軍率錢唐轅終古斬徇北將軍,為御兒侯。自兵未往。

故越衍侯?陽前在漢,漢使歸諭餘善,餘善弗聽。及橫海將軍先至,越衍侯?陽以其邑七百人反,攻越軍於漢陽。從建成侯敖,與其率,從繇王居股謀曰:「餘善首惡,劫守吾屬。今漢兵至,眾彊,計殺餘善,自歸諸將,儻幸得?。」乃遂?殺餘善,以其眾降橫海將軍,故封繇王居股為東成侯,萬?;封建成侯敖為開陵侯;封越衍侯?陽為北石侯;封橫海將軍?為案道侯;封橫海校尉福為繚嫈侯。福者,成陽共王子,故為海常侯,坐法失侯。舊從軍無功,以宗室故侯。諸將皆無成功,莫封。東越將多軍,漢兵至,棄其軍降,封為無錫侯。

於是天子曰東越狹多阻,閩越悍,數反覆,詔軍吏皆將其民徙處江淮閒。東越地遂?。

太史公曰:越雖蠻夷,其先豈嘗有大功德於民哉,何其久也!?數代常為君王,句踐一稱伯。然餘善至大逆,滅國遷眾,其先苗裔繇王居股等猶尚封為萬?侯,由此知越世世為公侯矣。蓋禹之餘烈也。

騶揺(すうよう)とは - コトバンク



https://kotobank.jp/word/騶揺-1346033


世界大百科事典 第2版 - 騶揺の用語解説 - 中国,前漢代前期に越王句践(こうせん)の子孫と称した越族が,閩江(びんこう)流域に閩越国,甌江(おうこう)流域 ... 秦末,君長の騶無諸(すうむしよ)と騶揺はそれぞれの部族を率いて漢王朝の成立をたすけ,騶無諸.

姓は「騶(シゥ、スウ)」氏。「閩、東越は蛇種で、故に、文字は虫. に従う。閩の音は旻(びん、ミン)である。」という注が入れられており、これは、蛇トーテムという意味です。 ミンというのは巳(ミ=ハミ、ヘミ。ヘビ)と考えて問題ないでしょう。 春秋戦国時代の越から
[PR]
# by kouhoka | 2016-05-09 14:04

五月の連休は日本の始まりを、あなただけに 


日本の原点は、筑紫の夜須にあり、中国華夏族、が、篠隈、大木原に、鳳凰(法王てんのう、平山)が、甦っています。福建省屏山平山治城と、重なっていました。汉初为闽越王都治城,唐开元间始称福州。

前漢第七代皇帝の武帝により、紀元前111年に広州に勢力を張った南越国が滅ぼされ、その討伐戦に協力した閩越国はその領土保全を引き続き認められたが、翌紀元前110年より前漢朝は閩越国への締め付けを強化する。領土内の閩越族らの一部が江東地区へ労働力として強制移住させられ、閩越国の王都として繁栄を極めた「東冶県(冶県)」も人口・産業激減から衰退していくこととなる。
長らく衰退の一途をたどり瀕死状態にあった王都「東冶」であるが、最終的に紀元前85年、ついに閩越国も廃止され、前漢朝による直接統治が導入されるに至る。

漢祖劉邦を助けた事により、
「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都が開設された。これが後に、漢武帝時、武夷城村武夷宮の、住民十万人が忽然と姿を消したと記録している。ここに日本は、筑紫夜須大木原に始まっていた。
五月の連休には篠隈の大木原に、行って、、鳳凰(法王てんのう、平山)が一致するのを、探すのも、日本の始まりを、あなただけに、知る事が出来るでしょう。

日本の始まりは、「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都から筑紫夜須へと、続いています。

拝礼の仕方

入口手前に、大きな石に手を合わせ、参拝
次に、鳳凰(法王てんのう、平山)に向かって、日本万歳を三回唱えます、一例して去ります。

記帳もできます。


「日本の始まりは閩越国の王都から筑紫夜須へ」

近畿の国づくりは、夜須と北部九州の中国華夏族と見える。土器に中国華夏族しか、使いません。
日本の原点は、筑紫の夜須にあり、中国華夏族、が、篠隈、大木原に、鳳凰(法王てんのう、平山)が、甦っています。福建省屏山平山治城と、重なっていました。汉初为闽越王都治城,唐开元间始称福州。
前漢第七代皇帝の武帝により、紀元前111年に広州に勢力を張った南越国が滅ぼされ、その討伐戦に協力した閩越国はその領土保全を引き続き認められたが、翌紀元前110年より前漢朝は閩越国への締め付けを強化する。領土内の閩越族らの一部が江東地区へ労働力として強制移住させられ、閩越国の王都として繁栄を極めた「東冶県(冶県)」も人口・産業激減から衰退していくこととなる。
長らく衰退の一途をたどり瀕死状態にあった王都「東冶」であるが、最終的に紀元前85年、ついに閩越国も廃止され、前漢朝による直接統治が導入されるに至る。

漢祖劉邦を助けた事により、
「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都が開設された。これが後に、漢武帝時、武夷城村武夷宮の、住民十万人が忽然と姿を消したと記録している。ここに日本は、筑紫夜須大木原に始まっていた。
五月の連休には篠隈の大木原に、行って、、鳳凰(法王てんのう、平山)が一致するのを、探すのも、日本の始まりを、あなただけに、知る事が出来るでしょう。
[PR]
# by kouhoka | 2016-04-09 10:47

神武宮殿の屋根に、模様は、雲巻き模様といい、イラクメソポタミアの王の頭上にも、同じ、てんのう、を表す

奈良田原唐子鍵遺跡から出土した土器に、先刻されていた神武宮殿の屋根に、模様は、雲巻き模様といい、イラクメソポタミアの王の頭上にも、同じ、てんのう、を表す、雲巻き模様が、描かれていると、福岡朝倉夜須の児島宮考古学研究会が、発表した。
このてんのう、を表す、雲巻き模様は、夏王朝の無予裔、越王無渚の宮殿の軒丸瓦当てにも、2014年、福建省屏山の治城からも、その末裔武夷城村の越王丑宮殿、からも、出土していて、てんのう、天から、下りたと、形象した、福岡朝倉夜須下高場田屋の裏から出土していた、象之布江とは、丑天皇を、表していた事が、判明した。
イラクメソポタミアの王は今から八千年前頃で、日本とはまだ関係がなかった。
日本は、夏王朝の、今から五千年前に、始まったとされていて、
その十五代の桀王で、王朝を失っていた。
この夏王朝桀王を倒した 紀元前1046年は、後、殷と呼ばれた北方狩猟民族であった。
この頃、日本はまだ誕生してはいなかったので、この時期は無関係である。

日本人はメソポタミアからやっては来てはいないのである。

殷はの農耕民族で無かったので、
殷墟のある洹水のすぐ北に、殷中期の都城の遺跡が発見されている。殷中期に至っても文字資料はほとんど全く出土していない。

30.帝辛(紂王)まで五百年続いていた、殷の一族周の王の室は、越王無予の系の女で、その子次男が、武王で、あった。
殷の紂王に仕えていた、民は、日本になる千年前に移ってきていた、縄文人と言われた民の事である。
ポリネシャや南米に、移ったとも、されていると発表したのは児島宮である。これらはインデアンとなったとも、いう。

これより春秋戦国時代となり、武王の息子↧人はそれぞれの国に配置されていた。
五百年前の時期、呉国の王が、夫差といい、太伯の後とされていた。
呉国と越国は、近くにあって、互いに争っていたという。

この頃はまだ日本は始まっていなかった、ので、関係がありませんでした。

こののち、越国は、勾践の娘が嫁いだ楚国から、倒され、小さくなりました。秦の始皇帝の時に、越は、王として存続されていたと記録されています。この時越国は、東王国と呼ばれていたようです。
この頃の楚は、項羽に乗っ取られていました。

この時期も日本はありませんでした。

紀元前二百年前、楚の項羽と、劉邦が争っていた時、浙江省の越王無渚は、農民を助け、そして、劉邦も助けて、浙江省の越王無渚は平山県の屏山に治城を造り、その城に、はじめて、軒丸瓦当が、用いていました。その軒丸瓦当には、てんのう、の雲巻き模様が、二年前発見され、昨年暮れに、亀岡の持ち主から、手に入れたのが、なんと、神武の宮殿の、てんのう雲巻き瓦当て、という事が判明しました。

これがその越王無渚は平山県の屏山に治城の瓦当て雲巻き模様と武夷山城村宮殿は右越王丑で、此れが日本の、始まりになって、筑紫夜須から東征の神武の宮殿の屋根上のてんのう雲巻き模様と、手に入れた軒丸瓦当て模様が、一致したので、神武の宮殿しか、使って、いないでしょう。
それは屋根上の模様と天皇が一致したからです。

      
c0095642_19321589.jpg
                  

楚の住民は秦の労役を逃れ、朝鮮の燕の国に逃げて、住んでいたようです。それが玉依姫の里です。
後にウガヤ丑王の長男は家来と共に、母の里へ、いって、その土地の王となっています。後の新羅です。
[PR]
# by kouhoka | 2016-02-16 17:53

、雲巻瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明した

雲巻瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明した

2016/1/21

てんのうとは、何なのか?児島宮考古学が、日本の、てんのうの、あしがかりを、解明した。
日本の国の神武の父の名が、判らずになっていた、それはウガヤ王としただけで、何の事やら、解明には至らなかった。

それがふとしたことから、
ヤオオクで日本古刹とした軒丸瓦当てが、出品され、古代というのは、判るが、それくらいで、落札してから、調査に、かかり、インターネットで、いろいろ検索しているうちに、中国の半軒丸瓦当て、平瓦に付けていたと書いてあった。紀元前以前600年~200年は、平瓦に付けていたとある。
漢時代紀元前以前劉邦を助けた、越王無渚が、ビン百越となってからは、軒丸瓦当が、てんのうの、標示として、宮殿に始まったとあった。
ウガヤ王はまだ、てんのう、とは、されておらず、縣丑王とされ、漢の武帝時に、福建省武夷城村の縣越王となっていた。
福建省武夷城村その縣越王は日本の書物、「記紀」の中にも、武夷尊と書かれていたので、福建省武夷城村博物館の展示物をを見ると、始めて、福建省武夷城村宮の軒丸瓦当てが見つかった。
続いて調べてうく中で、ビン越祖の福建省屏山のある治城が見つかったとあり、画像で、てんのう標の雲巻き瓦当が、平山県平山駅に、地鉄工事が、2013年11月28日に、中国サイトで、報道されたのに、日本の神武天皇父が、ウガヤ王である事が、判りました。
このように、日本の神武てんのうの宮殿の瓦当てと、解明する事が、出来ました。
児島宮の、かかわりが無くては、日本の古代は、解明されなかったでしょう。



c0095642_13473548.jpg
ビン越祖の福建省屏山のある治城 宮殿の瓦当


c0095642_1350528.jpg
 福建省武夷城村博物館の展示物 


c0095642_13523380.jpg
  奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲巻き瓦当が神武天皇の宮殿である事が判る。

この唐子鍵遺跡出土の雲瓦当で、てんのうとは、雲巻き瓦当とあり、文字で空の瓦当もてんのうををを標示しているとあった。
[PR]
# by kouhoka | 2016-01-21 13:53

福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表

福建省福州屏山平山治城の、巻雲の雲瓦当が王室専用の出土軒瓦という。
ここに、福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表。
これにより神武の祖先は福建省福州屏山平山治城の無渚、で、児島宮考古学研究室が、インターネットで、夏后七代の祖は越王無予、その末裔が、ビン越王の無渚となっている。このビン越王の無渚が、平山を名乗ったのであろう。今は、ビン越無渚から、地名から起きていた事が判りました。


c0095642_19153757.png






写真の上は福州屏山平山治城の無渚の巻雲の雲瓦当が王室専用とある。
写真の中はウガヤ牛王の武夷山城村出土雲瓦当王室専用
写真下は田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当王室専用

巻雲の雲瓦当は中国福州屏山平山治城では天皇専用とある。これで、奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が神武天皇の宮殿である事が判る。
これまで神武天皇の存在すら、判明していなかったのに、解明できた。
ここで国民の皆さんは、ウガヤ尊の、墳墓が天皇系図に平山御陵とされているのを、思い起こしていただこう。神武の祖は平山に在していた。敏達天皇も祖は平山としていたから、平山としていた。舒明天皇も、平山祖となっている。


天皇は何故平山を、名乗っていたのか?が、雲瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明したと児島宮考古学研究室。

考古学に携わられている方々、全国教育委員会、文部省の方々には、お気の毒ですが、これから日本の歴史を伝達するには、勇気ある態度で向かわれますよう、祈ります。
[PR]
# by kouhoka | 2015-12-27 19:17

日本の始まりは紀元前111年前に筑紫夜須起きる

日本の始まりは紀元前111年前に筑紫夜須、それは、夜須の地名が、筑紫のやすとなっている事にある。
夜須という地名は四国と九州に点在していたが、四国からは、祭祀に伴う磁器が、調査でも、範囲が狭く、十万人が移動したとする、漢の武帝の、記録には、照明が成り立っていないので、
四国の夜須の地名の始まりは、夜須行宗氏による地名であろう。
夜須 行宗(やす ゆきむね、生没年不詳)は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。通称は夜須七郎。一説によると名は「行家」とも。 土佐国夜須荘(高知県香南市)を本拠

四国の香南市夜須の古代の歴史は、夜須の起こりは夜須 行宗によるものと、思われる。たたし日本の起こりの夜須とは、別である。平安鎌倉に至っては、その氏や職名が地名となっている。
日本の起こりの夜須は祝詞で詠まれるように、筑紫の東のである・

別に隋書の中に記録(五世紀)されている、筑紫は中華の地と、しているから、万葉集にも読まれていて、それは四国の土佐国夜須荘(高知県香南市)の事ではない。
[PR]
# by kouhoka | 2015-11-26 10:51

日本の始まりは五世紀後半の朝鮮半島の大嘘である

日本の始まりは五世紀後半の朝鮮半島の大嘘である 2015/10/25

日本の始まりは五世紀後半の朝鮮半島か?
記紀も五世紀後半の朝鮮半島か?
児島宮考古学研究室の中国から渡来説ただこれだけしか現在のところ、立証はしていない。
全国教育委員会文化財課では、
五世紀後半の朝鮮半島に、規定している。
インターネットウィキペディア上の掲示板でも、
五世紀後半の朝鮮半島に、規定している。

このようなありもしない、全国教育委員会文化財課は、日本の始まりは五世紀後半説はウィキペディアも、憶測だけで、国民を、だましている。
嘘とは現実で、ないこと。
嘘とはだましている。
だから現代まで、国会はじめ、日本のすべてが、ウソで、凝り固まっている。
国会議員の大嘘は国民が気が付かないように、なっている。ここには日本の強固は、一遍もなかろう?
日本の高度成長はビル崩壊のように、何もかもが、大嘘により、ほころび、欠けだしている。

嘘は、○○為には、ならなかったとなる?
つくっても意味がない、のである。
嘘は原型がないから、空間でしかない?
日本人は、まだ気が付いていない?
人をだますために言う、事実とはことなる言葉[1]。いつわり、とも。

「嘘」は拡張新字体であり、正字体は「噓」である。
ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%98
何故現代人は、気が付かないか、嘘の中におかれているから、ウソがわからないし、人は気が付かないのである。
世界は嘘が蔓延混乱しているとなっている。
それは嘘が見抜けないから混乱である。

今の国会でさえ?混乱状態?
大嘘がまかりとおっているから、大阪維新の会問題は
橋下氏自身が退会したのに、大阪維新の会を解散させようとしているの、元々?橋下氏の、なにがしかの、目的とした大嘘が発会発足、させたものだから、混乱?が混乱を招いているに過ぎない?何という大嘘つきの橋下氏だろうか?
こんなのは政治家ではなく、市民や国民の為ならず?
ただの、大ぼらふき、でしかない。弁護士は?

嘘とはすべて悪いもの。だから「おまえは絶対に嘘をついてはいけないよ」と教えるのが日本です。
「嘘」とは、事実では無い事で自分以外のものをを騙すこと、欺くことである。また事実では無い事そのものを指す。

一つの嘘は嘘である。二つの嘘も嘘である。三つの嘘は政治である。
byユダヤの諺

嘘をついてしまったら、二度嘘をつけ、三度嘘をつけ。しかし、いつも同じ嘘でなければならない。
byメソポタミア&オリエントの諺

ここに嘘とは嘘なり?
嘘は人の為ならず?日本諺

然るに、憲法とは大嘘である、古代では聖徳太子憲法、禁句となっていた。

日本や歴史が混乱している?原因は大嘘にある。
[PR]
# by kouhoka | 2015-10-25 10:29

現に、教育委員会文化財課は、遺跡発掘はしているものの、その跡はどのようになっているのか?

日本人は、いつごろ、はじまったのか?どうして日本となったのか
今の段階では、邪馬台国ですら、判明してはいません。
この邪馬台国が判明しないと、日本の始まりは、判らないでしょう。

現に、教育委員会文化財課は、遺跡発掘はしているものの、その跡はどのようになっているのか?実はこれと今の日本の国会の動向は、同じになっているのを、御存じか?
壊れています?一番大切なものが?
クメール国様式遺跡はどうして、無くなったのか?それは中国の元時代に、征服によって、こわされてたのです?
今の日本と同じ事になったという事です。
どうして、クメール様式遺跡神殿は、もう終わりと思います?

続いているのは?神仏が、あってこそ、平和な生活と、豊かな実りが、出来て、クメール様式遺跡神殿のように、残っていたという事になるのでしょう。
この意味が、どういう事なのか?今世界遺産の登録に集中しても、あまり文化は開けないでしょう?オリンピックはそんなに、重要なのでしょうか?重要だけに、集中し過ぎていないだろうか?
そんな中、イスラムとシリアは戦争で、何をしているのだろうか?正義なのだろうか?
あのイスラムとアメリカは同じ事をしたのを、判っていましたか?
アメリカのメソポタミア遺跡のIRAQ博物館の展示物が壊されたのでは?無かった?
それは分散していた?何処にフランス博物館やイギリス博物館に、展示しているのは、今の日本の国会と公的機関のやり方とまったく、同じ事が出ている。

それは民族特有の、姿でもあるのでしょう、元のフビライと清と明も同じ姿を現していた?それは破戒の限りをしていたという事?
これは神仏に無関心の結果が、破戒と、横領しても、その国には平和は、無く、集中しても、あまり文化は開けないでしょう?

日本の国会と公的機関のやり方は、そんなに国民には意味も無いという事?憲法も全く戦争と同じ事になっていませんか?
遺跡の発掘調査しても、その遺跡の地、独特の、ありさまを、後世に、伝える事は、出来ないでしょう?
戦争も又同じ事が言える゛しょう?

御恩と奉公が壊れた日本は、前の日本の美、神仏が支えた日本の、すべてと言えた。神仏の御恩と奉公とは、日本の稲作で、あった。
今の日本の宗教は、神仏とは程遠い、ものと変わっている。
神仏の美とは?何なのか?
出来上がった日本の神仏の美は、戦国時代の終わり頃、歌舞伎や漫才相撲軸茶道が今の日本の文化となっていたのです。
これらは美があり、それらは本髄があった?
が残念ながら、それは逆さまになっている?これが現代となっている。
掛け軸がはやりだしたのは、やはり戦国時代の終わり頃である。
ここにも戦国とは、憲法と同じ、元のフビライと清と明も同じ姿を現していた?それは破戒の限りをしていたという事?こんな事がフビライと台風と敵国降伏が起きた天の逆矛となっていた。
[PR]
# by kouhoka | 2015-10-18 18:48

児島宮考古学研究室は、誰なのか、知っている、それは王冠が、身元を、象していた 2015/9/17

和氏とは、古代中国では、殷を滅亡して出来た,紀元前千年前周の武帝が開祖となった。周は七国に別れ、姓は、姫氏となった。ウガヤの妻玉依姫も和氏で又は倭人と言われた。児島宮考古学研究室著

然し、玉依姫は
ウガヤの妻となったので、里が縁戚に当たる。
ウガヤは本当に実在現存していたのか?それは児島宮考古学研究室著しか、立証はできない。


児島宮考古学研究室は、誰なのか、知っている、それは王冠が、身元を、象していた。ここに、近年「記紀」の中にも、記載してあったのが、「記紀」の真実性を、解き明かした時になった。

昨年新年の時、、朝倉郡無筑前町下高場区の田屋の農家の裏から小隈窯の須恵器灰色硬質土器が、「記紀」の中に象の布江、が日本を解き明かし、立証したのは、西日本新聞に記載されている。日本の原点が初めて、出たのである。
象の布江が、日本の痕跡を、示していたのである。
さらに八千年遡る事も、児島宮考古学研究室によって立証された。

この象の布江の発祥も、児島宮考古学研究室著によって、立証されている。何故立証出来たのか?知りたいところだろう。
それは児島宮の先祖も、あらわしていた?児島宮の先祖は、後鳥羽上皇の子息頼任親王を祖としていた。
後鳥羽上皇の先祖は桓武帝、その先はウガヤ王、であった。
これだけでは、立証はできない、
ウガヤ王に付いて、『記紀』を解明したのも、児島宮考古学研究室ならではで、あった。

『記紀』の文中、日本のおいたち始まりについて、
武夷命とあり、この意味も児島宮考古学研究室ならではで、あった。トーテムとは流の事を指していて、武夷命とは、浙江省にある武夷の城村の東越王の事である。
武夷の城村の東越王とは、紀元前百十一年前に、漢の武帝により、こうじゅんの間に移れと、いわれたが、その国の王丑である、罠十万人は忽然と姿が見えなくなったとあり、
その十万人とは、九州制度を開いた王丑である、丑が、因んでウガヤと、名乗ったのは?立証するには、何か痕跡があるはず、それは、
王丑の元祖は夏王朝の、禹帝と判る。
これを立証する、禹帝の後胤つまり東越王の事が記録されている。越王勾践の先とは、禹帝とあり七代が日本の紀元前の越王無予と記録がある。
日本の中にも、児島高徳が太平記の中にも取り上げていたのが、越王勾践の先について立証していたのである。
禹帝とは、何?夏王朝の開祖で、河姆渡遺跡がその跡と、中国の調査で、立証されている。
その河姆渡遺跡から出土している、「象の布江」によって、日本の元祖が、解明されるのである。


[PR]
# by kouhoka | 2015-09-10 10:43

天神信仰とか鬼神信仰とは? 8/25

礼儀正しさ、誠実さ、 古代の先祖義、信心深さ、記憶の味を犠牲に。 天と地、先祖も神の源、起源であります。意味と読み方を丁寧に解説しています。

神は鬼を憎み、鬼を忘れない。ソース(source)源、起源 は、日本語の「源」に近い言葉です。


郊社之義、所以仁鬼神也」(注1)と言う。 郊社とは祭祀であり、祭祀を行う意義は、鬼神を仁くしみ大切にすることである。 祭祀の方法は祭義に因れば、煩でも疏でも良くなく、煩であれば鬼神に対して不敬を致すことになり、疏であれば鬼神を忘れたことになる。

徳は聖人たり、尊は天子たり

郊社之禮。 所以事上帝也。

[字解]郊祭天。 社祭地 ... 郊社之禮。 所以事上帝也。 事上帝。 正所以令人人。 以窮自性之大源也。 上帝者。 天地萬物之真宰。

噐聖人爲り、尊きこと天子爲り 郊社之禮、所以事上帝也。
 
鬼神郊社とは天神と併称する、共に祭祀の対象であると言う意味に於いての共通性。

中国の古代人は如何鬼神の存在を、孔子は、民の義を務めて鬼神は敬して遠ざく存在であるとしている。

鬼神に対する観念は、敬遠主義であり、その背景には、彼の基本的態度とでも言う可き現実主義、則ち、常に今を如何に生く可きかと言う現実重視の合理主義的思考に因って貫かれている。

聖王は建国に当たり必ず宗廟を建て鬼神を祀る。

鬼神が存在すれば当然薦具物は鬼神が飲食する。 存在しなければ無駄になる。 だが代わって宗族や知己の人々が飲食し、親睦を図る上に於いて意義が有り、天下の利事であるとする。
[PR]
# by kouhoka | 2015-08-25 10:46

忘れ去られた先人たちの 文明は断絶した 8/24

日本人は、いつごろ、はじまったのか?どうして日本となったのか
今の考古学では、まったく、判明していません。
日本は朝鮮から始まった説が幅をきかせているからである。
証拠となる根幹さえ、空想の域でしかない。
ここに今の日本人は、いつごろ、はじまったのか?は、どうでもいいとする傾向が続いている。

この背景には、こうした日本人は、いつごろ、はじまったのか?は、どうでもいいとする傾向で真相は反対に消えてしまっている。
新しいのであれば、いいのだとするのは、文化文明すら、破戒しているのである。
学問が、かえって、文化文明すら、破戒しているのである。

日本は日本を失ったのである。
ここに消えた文化は、近代に、はまりこんだ結果と言えよう。

日本はどうすべきかを聞いた。
日本は東シナ海の大半を失った?
これはあまりにも唯一になっていた事が、日本の根幹を破壊したのである。
それには古さと、新しさがまったく感じられないようになってしまった事?
古さと、新しさが相対協和していないから、破戒が進んだという事になる。

日本の根幹と言っても、誰もわからなくなっていては?日本の根幹すら解明はできまい?
日本の根幹それを、教育委員会文化財課の発掘調査で、日本の根幹が消えてしまったの゛ある。
何故そんな事が起きるのか?
それが近代化というのが、憲法社会唯一であったため、起きていた事。これが現実唯一なのかも知れない?

先人たちが残した多くの知恵は語り継がれる事はもう泣くなっている。
先人たちが築いてきたものを、後世に伝えるための努力がなされていない。
残念なのは、先人たちの労苦と思いが忘れ去られてしまったこと。
先人たちの苦労など、時代の流れとともに忘れ去られてしまう事
遺跡発掘が、先人たちの苦労など、時代の流れとともに忘れ去られてしまう事二度と再現は不可能となった。


先人の教えはなぜ消えてしまったのか。 民営化で地名が変わり忘れられていった先人の教え。
大切なものは相対である。
急激な社会の変化に伴い、先人達が日々の暮らしの中で培ってきた生活の様式が忘れ去られようとしています。
[PR]
# by kouhoka | 2015-08-24 21:10

日本の前は何と呼んでいたのか?誰も知らない国とは

日本の前は何と呼んでいたのか?誰も知らない国とは? 7/19 8:18

扶桑とか、倭国とか、呼ばれていたのは?朝鮮半島とはなんの、関係も、ありません。
考古学部門では
教育委員会文化財なる、部所があり、この枠は、日本民族は、朝鮮半島から渡来したとし、弥生土器とする、須恵器工人らが五世紀後半に、なってからと、
まるで天皇は、朝鮮半島から渡来したと決めつけています。

ではこの時の隋の国と、天子とは、まったく学者の方も、判っていないのです。
天皇は、朝鮮半島から渡来とは、まったく、あてはずれになっていた。

歴博の教授、春成氏や藤尾氏は一貫して、日本人は?、朝鮮半島から渡来したと、言われています。
ここには、日本の天子とは朝鮮半島から渡来したとは、どの書物にも記録されてはおりません。
魏志倭人伝の中に書いてあるのは、卑弥呼゛(247年)が、中国の皇帝へ献上したのは、奴婢と、記録していて、今でも歴史の域は、焦点は、大方、奈良から下って、福岡県にやって、来たという。
その頃漢が統治していたのが朝鮮三軍とされています。

高句麗、百済、 新羅には楽浪郡等が、魏王曹操によって、治められていたとあります、この中で、日本の天皇は、ほんとうに、居たのでしょうか?それは神代八代と『記紀』は、しているだけです。

では児島宮考古学研究室が、日本の歴史は?三国志の中に書かれてある、扶桑とか、倭国について、誰も語らなかった、扶桑とは筑紫を、いい、倭人の国とは、筑紫の東と、いい、この国には周の和氏達が住んでいると記録してある。
そこで、児島宮考古学研究室で、日田教育委員会文化財課に赴いて、聞き取り調査を、行いました。それは扶桑と倭国の範囲を、須恵器で、天円天神鬼神地方の葬送が、あるかないかです?

卑弥呼と言えば三世紀の中頃の人で、天円天神鬼神地方の葬送を
行っていたと、倭人伝は、記録しています。

ここに出ているように、須恵器は朝鮮半島から、始まっていたとは、まったく、いい加減でしょう?
須恵器は三世紀以降は、造られていなかったという事です。
ここで、誰も解説しなかった須恵器の用途根幹とは?三世紀の中頃の人で、天円天神鬼神地方の葬送を
行っていたと、倭人伝は、記録しています。 ここに、卑弥呼と中国の皇帝が、相似しているので、裏づけ、が取れましたね。

神功皇后の三韓征伐で、三韓は、倭の五王の時も、日本に貢献したと、記録があります。
この二百年後、時代は五世紀になり、
天皇は敏達天皇が隋に、初めて遣唐使を派遣していました、小野妹子の名が、記録してあります。

教育委員会文化財課なる、部所があり、この枠は、日本民族は、朝鮮半島から渡来したとし、弥生土器とする、須恵器工人らが五世紀後半に、なってからと、
まるで天皇は、朝鮮半島から渡来したと決めつけています。ここには間違いが、出ていますね?
それは、朝鮮半島は日本の飛鳥時代には、六百年前に神武天皇がいた事が判りますね?
それが扶桑の国とされる、越王丑王によって、出来た事が判ります。 それが日本の紀元年代も根源になっているのが、確認できます。そこで日本の始まりとは、中国浙江省の会稽安邑の越王祖の無予となっている。
すべてが合っていてそれが、扶桑なのです。 万事うまくいく

ここで、未発表の、朝鮮について、朝鮮という語句は、教育委員会文化財課も、不可解になっているから、すべて、朝鮮半島と語句していますね?
だが、朝鮮半島は、中国によって始まっているのは間違いありません。朝鮮といえば、殷の末に、紂王に、仕えていた、箕氏が、周国の武王に付いて家臣にはならずに、朝鮮を武王から宛がわれたのが始まりでした

時代は千年ほど後の頃、秦の始皇帝が周の楚国を滅亡させています、楚国の人は始皇帝の労役を嫌い、箕氏朝鮮の中の燕の国の内の中に、移動してその地を、しろう郡としました。新羅や百済の前身でした。高句麗の前身も、周の楚国の後です。
ここで、周の王は、みな、姫氏でした。
この姫氏を、倭とか和氏といいました、倭人とはつまり周の王下の人々の事をいいます。
[PR]
# by kouhoka | 2015-07-19 08:18

愛知郡の豪族<御器所荘に佐久間氏

愛知郡の豪族とし、一柳荘荒子村に前田蔵人・菅原利昌(前田利家の父)、岩塚村に福富平左衛門、中村に中村弥右衛門元親、名古屋荘広井村に中村対馬守元勝、御器所荘に佐久間氏、鳴海荘折戸村に丹羽氏、岩崎村に川尻氏、山田荘上社村に柴田氏などが割拠し、守護代織田氏を盟主と仰いでいた。
吉乃は名を授けた。
「藤吉郎、これからは・・中村藤吉郎秀吉・・と名乗りなさい。中村はあなたの在所、秀は信長様の父上様の諱、吉はそなたの家に代々伝わる名でもあり、私の名でもあります。
信長様には私から御届けしておきます」藤吉郎は、吉乃の縁で信長に仕えるようになった。「寧子の嫁ぎ先は決まっているのでしょうか」
「寧子の母は杉原家利の娘、父木下定利は筋目正しき者でございます。浅野又右衛門夫婦には子がなく、妻七曲の妹朝日の長女寧子と次女ややを養女としていた。おね事

武功夜話には『木下藤吉郎様の妻女は、尾州丹羽郡浅野郷・浅野又右衛門の娘である。が、その実は同村の住人・林孫兵衛(木下家定)の妹なのだ。親の林弥七は、先年、上総介様の岩倉退治のとき、武運つたなくして討死したが、岩倉家でも豪勇比類なき武者であった』
木下定利は織田信賢に仕えていたが、信長勢との戦いで先年に戦死していたので、子供のいない浅野又右衛門夫婦が、二人の姉妹を引き取っていた。


盟主とは、
同盟の中で中心となる人や国。 盟主とは? 同盟の中で中心となる人や国。 「盟主」に似た言葉» 類語の一覧を見る主任 リーダ 首脳 リーダー
仲間のうちで中心となる人物や国。「―と仰ぐ」

アインシュタインの予言(アインシュタインのよげん)とは、アルベルト・アインシュタインの発言として流布されている約300文字程度の言葉である。「近代日本の驚くべき発展」を賞賛し、「来たるべき世界政府の盟主は日本が担うことになるであろう」と予言している。

古代丶諸侯たちが集まって何か約束するときには、そのうちの誰かが、生贄となる牛の耳を撫んでそれを切り、まずその人が血を綴り、諸侯たちに回して皆もこれを綴り丶国家間で侵略を行わないなどの約束を確認したのです。


命令を聞くことでその規模にあった働きを提供し、
とりあえず滅ぼされることは回避できる。
境界近くでは外部勢力が侵攻する。
在地衆の単独抵抗には限界があり、盟主は勢力範囲の中小領主を動員し、後詰をして外敵を駆逐してもらえる。盟主が他に侵攻し領域拡大に成功した場合、その働きによって恩賞がもらえる。
古くから各地に勢力を根付かせていた中小領主にとって、戦国大名の配下に付くのは、
以上の4つのメリットがあるためである。
特に第一と第二のメリットがなくなると参加意味はなくなる。

「日本の目的」を分析する文章を公開した。

そのモデルとなるのが、自然界の森の姿なのである。繰り返しになるが、高い木もあれば低い木もある。いろいろな種類の動植物が、その中で自立しつつ共存する。しかも、全体がみごとに調和する社会そういうものが経済の場面でも生まれ得るのではないだろうか。自然界の動植物は、決して誰かにコントロールされているわけではない。それぞれが、それぞれに、自分の持っている遺伝子に基づいて、さらにそこに自分の意思というものを(植物はどのくらい意思と呼べるものがあるのかわからないが)加味していきながら、その環境の中でよりよく生きようとお互いが頑張っているうちに、全体が高いパフォーマンスを実現する。

日本には八百万(やおよろず)の神という発想がある。それぞれがそれぞれに貴いものを持ちながら、みんなで一緒に調和しつつ、しかもその全体が最適になる社会をつくるのだという発想が、日本人の原点にある考え方のようだ。これは、日本の伝統文化の中から育まれてきた考え方である
[PR]
# by kouhoka | 2014-10-29 09:34

元始天尊に伺う

元始天尊に伺う
元始天尊(げんしてんそん)とは、「太元」を神格化した道教神学中の最高神。また、霊宝天尊(太上道君)、道徳天尊(太上老君)と並ぶ三清の一柱。

元始天尊様の元には、朝食後伺うよ」 道徳にとって、優先順位は天化が先。
げんしてんそん【元始天尊】. 道教における最高神。道教では多くの神々が信仰されるが、それら神々の頂点に位置する。
元始天尊盤古

今の天皇が、あなたさまの、末裔だと、いいはって、おります。
この大噓つきめ、こいつが、まだこりいようだな。
すかだ、に出ておるぞ。
はじを、どうやら、思わないのか、では、さらして、しまおう。
[PR]
# by kouhoka | 2014-10-10 14:19 | 宇宙の太源

祭祀武夷君

東越王
印璽,擁兵自立為東越武帝
西元前110年

武夷君 「武夷王」。武夷君是武夷山地方的居民對盤古的尊稱

《武夷山志》說法,彭祖長子彭武、次子彭夷到武夷山開墾,彭武與彭夷打敗了妖怪,招安了當地的夷人,於是不分華、番都順服他們,於是治理該地井井有條。彭武、彭夷歿後,民眾合建一祠:曰「武夷祠」,祭祀彭武、彭夷,二人被合稱為「武夷二真君」,簡稱「武夷君」。

汉武帝曾以魚乾祭祀武夷君
福建省武夷山市傳說,武夷君原先是閩越當地的一個貴族,為了離開政治鬥爭的紛擾,率領軍民來到武夷山隱居開拓,為民所重,人稱為「武夷王」。




武夷君,又稱武夷王、武夷顯道真君,是中國福建武夷山的山神、鄉土神。武夷山因此神而得名。古時,凡福建人,入武夷山之前多半會先向武夷君祭禱。

中国の歴史戦国王による暫定勾践はこの時まで回復、浙江省、 紹興の面積は国が 、再び国から災害に会った。 紀元前334年前 、Goujian 7子孫のない強いとチュー魏王の操作、故障殺さは、国が審議されたチューは破壊された。 だから、キングファミリーセーリング福建、より国民はXijuある移動山 (現在、福建省長楽市 )。 後はより多くの人が北部の福建省に定住する、地元のアボリジニMinyue B​​aiyueの人への段階的な統合、Minyue諸国の設立。

紀元前232年前 、福建キング-ムー(検証対象)が死亡し、息子のような王位継承が王になるためには、王となった「Minyue国を。 " 紀元前222年前 (秦G二十五年)、 秦が解消チューは 、Minyue行進を始めた。 翌年、中Dongye 」を設置し、中央福建郡を " [1] 。 離れて中央平原秦王朝が中央福建見なさからその時点で、「だっ不足衣類の国」、遠隔、保険を見つけることに似て、支配することは困難で、多くの人が厳しい。 それは秦王朝40郡、形成されたが、同一ではないの一つですがそのため、「中央福建郡」は、寿魏秦だけの賛成ですべて王の王位ずに離れて渡すために、中央福建省に限り、送信しませんでした」 長い王 。 "無朱の名前が中央福建省を支配し続けてみましょう。 したがって、秦王朝は、実際には、中央福建省のルールを実装していない、名前だけで中央福建郡を確立した。

後期秦、 チェンシェン 、 呉広蜂起の後、王はもう朱続かない呉ルイを中心諸侯諸国は秦を破壊支援するために北へ。 秦王朝の後、 項羽は 、そのようなパケットは王ではないされていません。 紀元前206年、 楚戦争は HW北方再び、そのような助けを勃発ませ劉翔覇王の戦い。 AD 202は、楚と漢の間に戦争の終わりには、自殺した項羽、劉邦は漢王朝の皇帝を設立しました。 劉建国、気まぐれにパケット英雄の後。 202年BC(ハンゴッティ5年)は、このようなナイトの称号福建王、風水福建国、首都Dongye 、回復しMinyueの国を支配し続けています。 紀元前192年、ないような死は、40年福建省のために国を支配した。

王の子孫はMinyueの競合のための激しい競争のビットはありません。 紀元前155年前 、 英は王位をつかむ。 漢呉とのような弾圧7カ国の混乱は 、王の劉バイの息子劉チュは、福建省に逃亡英説得する十字軍反乱ドン王を 。 だから英138年(チェン元三年)の資本に囲ま旧東王の国に大規模な攻撃は、東王王チン複合体が死亡した。 漢ドン王国は支援します。 ヤンと漢皇帝は海からHueiji東奥羽補強するので、助けるために彼の軍隊を送った。 英漢の兵士は、退却の家を確認します。 それ以来、国は漢ドン王は、福建省や近隣諸国が卑屈である福建省の漢王朝の江区域、南東に移動し、最も強力な国になるだった。

135年前(チェン6年)は、福建王英は攻撃するために軍隊を送った南ベトナム 、南ベトナムハンティン王趙胡テーブル要求増援。 天皇は王輝の彼を非難するので、彼の軍隊を送ったゆう張出発、大型農業ハナン郭自己Hueijiの出発、土地と水の攻撃Minyue。 英はすぐに軍が保険を拒否した送信します。 彼の兄、私は善良漢は強力だと思うではなく、敵とし、大臣は漢王朝に降伏し、英を殺すコングと共謀。 福建省はまた、一時的にその国の野心や意図の外側への拡張を終えた。
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=http://zh.wikipedia.org/wiki/%25E9%2583%25A2_(%25E9%2596%25A9%25E8%25B6%258A%25E5%259C%258B%25E7%258E%258B)&prev=/search%3Fq%3D%25E6%259D%25B1%25E8%25B6%258A%25E7%258E%258B%26biw%3D1149%26bih%3D754

135年前(チェン六年)、英、漢軍が北を撤回した後、漢王朝シールが南ベトナムアクションMinyue国八尾ジュンの侵入に関与していなかった殺された醜いその支配Minyueを命じた」、八尾王」として国。 しかし、英の暗殺の成功ゆうシン長いMinyue国藩や貴族サポートされている、国のWeixing、八尾王よりもはるかに多くの電力。 このように、ハンティンゆう新はその後」として列聖された東王八尾王福建国と一緒に判決を下した」であるが、国の力が東福建省、より王余善手の中にはまだ基本的に。 120年前、醜い死は、彼の息子が株式ランク八尾王タイトルを継承する。

いいえ朱の死は、別の後に内紛の息子たちは、頻繁に戦争を挑発。 かつて北課税東王 、南ヒット南ベトナム (すなわち南の国のを )、 白越降伏朱ミン、したがって、劉近隣諸国がプロパティ宝物お願いMinyue国である、福建省の国になってい前漢の 、南の強力な力王朝。 福建王東岳朱子孫いいえ良いより開発「皇帝」西、皇帝のための自立、同時反中国兵士の最後の瞬間まで。 前漢王朝静養、富裕層と強力な国、特にのほぼ一世紀後の今回は、 漢漢の治世中には、最盛期に入って、彼はますます強力な政権各遠隔地を容認することはできません。 天皇は北部敗北フン族の軍隊Minyue諸国を包囲40万人の合計を守備、フロンティア上北部トラブルの解除後に。 私は漢ビング良いビルドを6要塞を拒否。 また福建省のリゾートの中国省の漢王朝は、福建省(のための戦い、崩壊する越八尾 )王は、 株式をランク付けし、貴族の一部が韓愈の余波降下を殺す。 完全にトラブルを解消するために天皇、Dahir JAC軍が福建省の本土と全国に移動し、国はMinyue市内の宮殿を燃やした。 シティパレスは、古代とADの村にある前110年派遣天皇の軍隊によって破壊れた。

税関や儀式[ 編集 ]

部族の物理的特性や生活習慣や中原華夏大きな違い。 中等度以上の人体、短い顔、あまり髪、広い鼻、大きな丸い目、慣れBangshui隣人、良いシンク、良い行ボートいかだ、ならびに「入れ墨オフ"カスタム[要出典] 。

キングシティタウン村福建[ 編集 ]


Minyueキングシティには、モデルの遺跡
1958年、 福建省の古代都市の遺跡公式が発見され、文化的な遺物が多数出土掘るしようとした。 48万平方メートルの総面積を持つ長方形、約860メートル、南北550メートルの幅のような古代の飛行機。 で発掘されたことが高い湖フロア 、大宮殿の複雑な、正確なレイアウト、構造的完全性を発掘するだけでなく、スムーズな排水システムの下に敷設。 内側と都市の外にも、多くの住宅のサイトと鉄製錬のサイトを見つけましたが多数出土した鉄 、 陶器 、建築材料や青銅 。 どこ陶器、形状やパターンシステムのいずれか、および中央平原は、強力なローカルスタイル(唐宋ユンウェブ2004B)と、明確な「中国風」の陶器です。

紀元前206年、 秦滅び、 チュー戦争が勃発、そのような平原北向き、助けた劉邦は敗北項羽をとして、 漢王朝が設立に貢献した。 202年紀元前、劉鳳朱は福建省の王、風水福建国、首都ではないDongye本当のルールMinyue古いたまり場。

福建省の間でそのような死、王位王子競合せず、しばらくの間、そして最後に非朱の息子によって続いた- 英王位チャンピオン。 しかし、英北話し合う東王の国を 、ナンチョンNaYueGuoの原因ハンティンの介入。 最終的には、福建王英漢鳳が変更され、殺害された醜いとして八尾王のために私は良い、 東越王の名の廃止以来、福建省のではなく、東王のため、実際には。

楚に敗れ、江南の海岸に散居して王や君を自称していた越王の後裔には、まだ歴史が残っています。 越王無彊の七代後の騶無諸と ... した王弟、騶余善にあり、漢も後にこれを公認せざるを得なくなって、余善を東越王と為しました。

李寄の話を聞いた東越王は、彼女を召し出して后とした。父親の李誕は将楽県の知事に任命され、母親と姉達にも数多くの褒美が与えられた。


以後、この地に禍を引き起こす妖怪は二度と現れなかった。

八尾(もろもろな)
[PR]
# by kouhoka | 2014-09-29 16:53

福岡県朝倉郡夜須のはじまりについて、由来

福岡県朝倉郡夜須のはじまりに、ついて、由来はあるのか?

やすとは、誰がつけたのだろうか?
日本の始まりは朝鮮半島と文部科学省や学者はいっているが、日本とのかかわりは、五世紀後半としている大阪陶村の前田氏が磁器須恵器開始は、正しいのだろうか?
これが違うと日本の歴史は、根本から、こわれてしまう。

それが神宮皇后が奈良地方の何処かに、いた事が、磁器との、かかわりが、無かったとしているのは、つじつまが、合わないのだが。この夜須と神宮皇后の羽白熊鷲退治は神話という、学界の研究の在り方は、間違っているのではないだろうか?そんな気がしている。

それは、三世紀に倭人伝に出ている、卑弥呼、の正体さえ、学界は、つかめていないのである。
邪馬台国すらまちお越しにも、
なっているが、架空での、卑弥呼、まつりも、架空という事になる。
ここに、至って、夜須の始まりは五世紀後半と学界が決めているのは、歴史さえ、空想扱いとなっている。
こうなると、夜須という地名の由来も、なかったとなり、
五世紀後半の北部九州開始とは、
いやはや、呆れたものである。
[PR]
# by kouhoka | 2014-09-06 16:11